ここから本文です

リオ五輪柔道日本代表コーチ 廣川充志さん母校で講演/富山

チューリップテレビ 9/27(火) 10:52配信

 リオデジャネイロオリンピック柔道日本代表のコーチをつとめた高岡市出身の廣川充志(ひろかわ・みつし)さんが26日母校の小学校を訪れこども達に目標を持ってがんばることに大切さを伝えました。

 26日高岡市の戸出(といで)西部小学校を訪れたのはリオオリンピック柔道男子90キロ級で金メダルを獲得したベイカー茉秋(ましゅう)選手の担当コーチ廣川充志(ひろかわ・みつし)さんです。
 廣川さんは戸出(といで)西部小学校の卒業生で小学生の時から柔道に打ち込み、現在、神奈川県の大学でスポーツ教育学の講師をしています。
 26日は小学4年生から6年生までの児童を前にオリンピック選手の共通点として自分で考えて行動できることや孤独を恐れず自分ひとりでも目標に向かってやりきる力があることを話しました。
 また4年後の東京オリンピックに向けてこども達に外国語を勉強することや世界のニュースを知ることでオリンピックの理解がさらに深まるとアドバイスしました。

チューリップテレビ

最終更新:9/27(火) 10:52

チューリップテレビ

なぜ今? 首相主導の働き方改革