ここから本文です

県知事選 市民団体の候補者変更/富山

チューリップテレビ 9/27(火) 10:53配信

 来月6日告示の県知事選挙について共産党などでつくる市民団体「明るい県政をみんなでつくる会」は擁立を決めていた共産党県委員会・書記長の高橋渡(たかはしわたる)氏が体調不良で出馬できなくなったため新たに「みんなでつくる会」代表委員の米谷寛治(こめたにかんじ)氏を擁立すると発表しました。

 「明るい県政をみんなでつくる会」は26日知事選に無所属・共産党推薦で擁立を決めていた共産党県委員会・書記長の高橋渡(たかはしわたる)氏に変わり「みんなでつくる会」代表委員の米谷寛治(こめたにかんじ)氏を擁立することを発表しました。
 高橋渡(たかはしわたる)氏は、今月中旬に急性肝炎を発症し、療養が必要と判断し出馬を取りやめました。
 米谷寛治(こめたにかんじ)氏は滑川市在住の69歳、知事選への出馬は2008年と2012年に続き3回目で、▼福祉の増進や▼安保法制の廃止を訴えています。
 知事選には、このほか▼4選を目指す現職の石井隆一(いしい・たかかず)氏と▼元県職員の舛田忠治(ますだただはる)氏が出馬を表明しています。
 知事選は、来月6日告示、23日投開票です。

チューリップテレビ

最終更新:9/27(火) 10:53

チューリップテレビ