ここから本文です

年に2割以上のショップがリニューアル。「ルミネエスト」を支える施設管理

ニュースイッチ 9/27(火) 11:40配信

「飽きない職場である」実感する仕事の喜び

 主な業務のひとつであるショップの改装工事は同時期に30店舗以上、1年で館全体の20%以上のショップのリニューアル工事を行う。出店者、デザイナー、設計者、施工者、設備保守管理者などさまざまな分野の方と関わりながらプロジェクトを推進する。

 限られた工期、予算の中で最善のものになるよう、設計内容、工程、工事費などを調整していく。必要な知識は多岐に渡る。自分は設計も施工も専門ではないが、知識や経験が増え、以前よりも中身が濃い打ち合わせ、より良い選択ができたと感じる時は成長を感じてうれしい。

一番やっかいなのが年齢。転職を考えたこともあるが・・

 現在の仕事や環境はとても気に入っているが、入社して10年、転職を考えたこともある。その際に頭をよぎるのは女性としての働き方。家庭を持ち、いずれは子育てもしたい。理想の人生計画と職場の環境や労働条件、自分の年齢など、さまざまなものをてんびんにかける。

 一番やっかいなのが年齢だ。もし自分が男性だったら、もっと単純な選択ができるのではないかと思うこともあった。今も悩みや迷いがまったく無いわけではないが、学生時代にやりたかったことを実現できる職だと思う。今の環境に感謝して、少しでも貢献できるよう、後悔しないよう、前を向いていきたい。
〈プロフィル〉
 青木奈々江(あおき・ななえ)07年千葉大工卒、同年ルミネ入社。立川店、本社を経験し、現職。

※企画協力・日本女性技術者フォーラム(JWEF)

青木奈々江(ルミネ・ルミネエスト店施設管理部)

最終更新:9/27(火) 11:40

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。