ここから本文です

引退の三浦大輔が激白 プロ生活の支えとなったこと、横浜に残したいモノ

Full-Count 9/27(火) 11:05配信

番長にインタビュー、人生の転機と今後のプラン

 今季限りでの現役生活に幕を閉じる横浜DeNAベイスターズ“ハマの番長”こと三浦大輔投手”に話を聞いた。25年の現役生活において支えとなったものとは何か。そして、チームに残していきたいこととは――。引退会見後、数日経った後のインタビューの中で番長がその胸中を語ってくれた。

タイトル争いの行方は…NPB各部門の個人成績一覧

――番長が引退だなんてまったく実感がわきません!!

「俺も実感わかないよ。こないだの引退会見をみなさんの前でさせてもらった時には『あ、もうやめるんだな』っていうのはちょっとあったけれども、あの会見の後、次の日も、今日もグランドに来ていつも通り練習して、汗かいたりしているから、まだこれからじゃない? 徐々に実感するのかなって。ただ、最後も、打者一人だけとか1イニングだけとかじゃなく普通に先発して普通に勝負するから、ちゃんとやってますよ。っておかいしいな。雨天で最終試合は29日になったけど、今まで通り登板日に合わせて調整していきます。(最終登板も)いつもと変わらないですよ。会見した後だから雰囲気は変わるかもしれないけど、去年の優勝チームのヤクルトとの対戦。いいバッターがいっぱいいるから、どうなるかわからないけど」

――山田選手にもホームランを打たせるわけにはいかないですからね。

「そうか。どうする。歩かすのか? いや、大丈夫。打たれてもゴウ(筒香)がまた打てばいいんだから。マウンドに上がれば一緒だし、感傷に浸っていても勝てないし相手が加減してくれるわけでもなく、必死に抑えるしかないから。ぐっとくるかもしれないけど、しっかり集中して投げ切りたいと思います。とにかく気を遣われて最後投げるっていうのは嫌だから。最後まで真剣勝負。だってもうできないじゃん」

――俺がいなくてもローテーションが守れる先発陣をってずっと言っていましたが…。

「俺がいなくてもクライマックスシリーズいったんだから」

――悔しさは?

「でもそれが、俺のモチベーションにもなったから。それじゃ俺はこのローテーションの中に食い込んでいこう、俺も絶対にチャンスをつかんでやろうって。そういう気持ちで8月までやって、8月まで声がかからない。じゃ上の状態もいい。あ、もう俺がいなくても大丈夫だし、どっかけじめつけなきゃいけない。今年限りだなって。でも俺は真剣勝負でもう1回マウンドに立ちたいって思ったから、9月の頭でも(辞めることを)言わずに投げていた。ファームでも状態が上がってきてたから、もしかしたらこの連戦のどこかで1軍で投げられるかなって。

 9月頭に“次の金曜16日甲子園行くぞ”って言われた時にわかりましたって。じゃそれ終わったら言おうって。それが最後の勝負だって。俺は思ってた。だから家族も呼んだし。結果負けたけどでも勝負できたなって。で、試合が終わってホテルに戻って社長と監督とチームに話をして。試合前に監督にも言えなかったのは申し訳なかったですけど、先に知ってもらってマウンドに送り出してもらうのはなんか違うと思って。そういうのもなんもなくフラットに『あ、三浦は今調子が良いから上で使おう』っていうふうに勝負したかったから。『三浦は今年辞めるからどっかで投げてもらって』っていうのは違うと思ったから。

 監督にも後で、『先に言わずにすみませんでした』って言いました。それでいつ引退を発表しようかってなっていた中で、GMや監督がクライマックス決まったから、もう1回、普通に勝負するかって聞かれた時には、『勝負させてください』って。『1人だけっていうのでもいいぞ』って言われたけど、俺は即答で『できるんであれば(打者1人とかではなく普通に)やります』って」

1/5ページ

最終更新:9/27(火) 11:05

Full-Count