ここから本文です

さて問題。この写真には何羽の鳥がいるでしょう?

ギズモード・ジャパン 9/27(火) 20:13配信

なんかたくさんいる気もするし、1羽もいないような気もする。

オーストラリアは珍しい動物の宝庫。ほとんどがオーストラリアにしか生存しない動物です。そしてこの鳥もその珍しい動物の一員。その名も「オーストラリアガマグチヨタカ」です。ガ、ガマグチ? 待って。切るのどこですか。「ガマグチよ、タカ」じゃないですよね。「ガマグチ・ヨタカ」です。

ガマグチヨタカさん、こんな感じです。かわいいじゃ~ん。ガマグチなんてちょっと失礼じゃ?

体は意外と大きくて、害虫を食べます。夜行性であり、その出で立ちから、夜にはよくフクロウと間違えられるそうです。そしてお昼には木と同化しすぎて木に間違えられることもしばしば。ということで、1番上の写真、どれが木でどれがガマグチさんかわかりましたか?

1羽はわかる気がします。4羽かな...。いやたぶん2羽! みなさん何羽に見えますか? (正解がなくてすみません)

source: Parks Australia

Bryan Menegus - Gizmodo SPLOID[原文]

(リョウコ)

最終更新:9/27(火) 20:13

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。