ここから本文です

ル・マン優勝「787B」も 富士にマツダ車620台、オーナー6000人以上が集結

乗りものニュース 9/27(火) 19:06配信

620台のマツダ車が「富士スピードウェイ」をパレードラン

 2016年9月25日(日)、「富士スピードウェイ」(静岡県小山町)で、マツダの特別協賛のもと「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」が開催され、全国から6000人をこえるマツダファンとマツダ車が集結しました。

強すぎる新型「プリウス」独走続く【乗用車販売台数ランキング最新版】

 会場ではサーキット走行同乗体験や、「コスモスポーツ」レストア車の撮影会などのほか、アクセサリーなどを作るモノづくり体験、ハーブサロン、「こども職業体験」など、女性や子どもでも楽しめる多彩なイベントが行われています。

 注目は、1960(昭和35)年に乗用車の生産を始めた広島本社F工場を「レゴブロック」で再現したコーナー。当時の生産ラインを、「レゴブロック」とプラモデルで再現しています。専属のスタッフ数名が3ヶ月をかけ完成させたとのこと。

 マツダ車オーナー同士の交流の場ともなり、大好評のうちに幕を閉じた「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」。このイベントのためだけに、広島のマツダ本社から150名近い社員が参加したそうです。

乗りものニュース編集部

最終更新:9/27(火) 19:58

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。