ここから本文です

土居美咲は2回戦でストリコバにフルセットで敗退 [武漢/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 9/27(火) 17:33配信

「武漢オープン」(WTAプレミア5/中国・武漢/9月25日~10月1日/賞金総額258万9000ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、土居美咲(ミキハウス)はバーボラ・ストリコバ(チェコ)に7-5 0-6 2-6で敗れた。試合時間は1時間52分。

土居美咲がパブリウチェンコワの途中棄権で4大会ぶりのマッチ勝利 [武漢オープン]

 土居とストリコバは2011年8月にトロント(WTAプレミア5/ハードコート)の予選で初対戦しており、ストリコバが6-4 6-3で勝っていた。

 今大会には初出場となった25歳の土居。1回戦では対戦相手で第8シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)が第3セット途中でリタイアしたため、8月のシンシナティ(WTAプレミア5/ハードコート)以来となる4大会ぶりのマッチ勝利を挙げていた。

 ストリコバは3回戦で、第2シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)とエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:WUHAN, CHINA - SEPTEMBER 26: Misaki Doi of Japan returns a shot during the match against Anastasia Pavlyuchenkova of Russia on Day 2 of 2016 Dongfeng Motor Wuhan Open at Optics Valley International Tennis Center on September 26, 2016 in Wuhan, China.(Photo by Wang He/Getty Images)

最終更新:9/27(火) 17:33

THE TENNIS DAILY