ここから本文です

降格圏まで1ポイント差の新潟、ラスト4試合で監督交代を決断!

theWORLD(ザ・ワールド) 9/27(火) 15:09配信

後任は片渕コーチ

アルビレックス新潟は27日、監督を吉田達磨氏から片渕浩一郎コーチに交代することを発表した。

今季から新潟の指揮を執っていた吉田監督だが、30試合を消化して年間順位では15位。前節もホームで鹿島アントラーズに敗れており、降格圏となる16位までの勝ち点差は“1”に縮まっている。

後任を務めるのは片渕浩一郎コーチ。同氏は2006年から6年間、新潟のユースチームで指揮を執っており、2016年からトップチームのコーチに就任している。また新潟は同日、北嶋秀朗コーチ、安田好隆コーチも退任し、スクールコーチを務めていた内田潤氏がトップチームのコーチに就任することを発表した。

今季も4試合を残すのみとなったJ1リーグだが、監督の交代を決断した新潟。次節は10月1日、敵地でジュビロ磐田と対戦する。片渕新監督の下、残留を目指す“新制新潟”の戦いに注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/27(火) 15:09

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報