ここから本文です

【MLB】イチロー、代打で左前打 急逝フェルナンデスのユニホームで通算3029安打目

Full-Count 9/27(火) 11:15配信

試合前にはフェルナンデスを追悼するセレモニー

 マーリンズのイチロー外野手は26日(日本時間27日)、本拠地でのメッツ戦に代打で出場し、左前打を放った。マーリンズはこの試合、25日未明にボート事故で急逝したエース右腕、ホセ・フェルナンデス投手(享年24)の背番号16のユニホームを全員が着用して試合に出場。背番号51を尊敬していた右腕のユニホームで、メジャー通算3029本目のヒットを刻んだ。

イチローは歴代単独25位に浮上…MLB歴代通算安打数ランキング

 イチローは5点リードの7回2死一塁で打席へ。フルカウントから直球を左前に運んだ。2死一、三塁とチャンスを広げたが、後続が倒れた得点には繋がらなかった。

 マーリンズは事故後初の試合で、開始前にフェルナンデスを追悼するセレモニーを行った。黙祷が捧げられ、その後、スクリーンでフェルナンデスの思い出の写真が紹介されると、ほとんどの選手が涙。初回の攻撃では、先頭のゴードンが初球でフェルナンデスのヘルメットをかぶって右打席に立ち、初球は見逃して2球目からは自らのヘルメットで左打席へ。2ボールからの3球目をライトスタンドへ叩き込んだ。ゴードンは号泣しながらダイヤモンドを一周。ダッグアウトで同じく号泣するナインと次々と抱き合った。マーリンズはその後、打線が猛攻を見せて3回までに7点を奪った。

 フェルナンデスはイチローにとっても特別な存在。フェルナンデスはイチローを敬愛し、「キューバでは神様」と心酔していた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/27(火) 12:13

Full-Count