ここから本文です

【ブラジル】28%の落ち込み PC販売が不調

サンパウロ新聞 9/27(火) 4:13配信

 ブラジル国内のパソコン市場がまた縮小した。IT(情報技術)分野専門の調査会社、IDCブラジル(IDC Brasil)のデータに基いて伝えた9日付伯メディアによれば、2016年第2四半期(4~6月)に販売されたパソコンの台数は118万2000台と前年同時期を28%下回った。内訳はデスクトップ(据え置き型)パソコンが43万6000台、ノート型パソコンが74万6000台。

 同社で調査の分析を担当するペドロ・アッジ氏は「パソコンはいまだにコンテンツ制作には必要不可欠なものだが、スマートフォンやテレビ、タブレット端末との競争に直面している」と話す。

 IDCブラジルは16年の年間販売台数を、前年比31%減の460万台と見込んでいる。

サンパウロ新聞

最終更新:9/27(火) 4:13

サンパウロ新聞