ここから本文です

勝ち点1獲得も…… 最下位相手に引き分けの磐田MF「こんな内容だったら他の相手には勝てない」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/27(火) 15:30配信

次節は新潟と対戦

ジュビロ磐田DF宮崎智彦が25日に開催された湘南ベルマーレ戦を振り返った。

29試合を消化して勝ち点31で6位につける磐田が、勝ち点19で最下位に沈む湘南を迎えての一戦。試合は序盤から湘南が次々と決定機を作り出すが、磐田はGKカミンスキーの好守もあって無失点で前半を終える。すると磐田は後半、FWジェイやMF松浦拓弥が惜しいシュートを放ち、ゴールまであと一歩に迫るが、最後まで得点は奪えず。同日、降格圏となる16位の名古屋が勝利を収めたため、磐田は降格圏との勝ち点が“8”となった。

試合後、フル出場を果たした磐田DF宮崎は「うちからすれば、1ポイント取れたというようなゲームだったので、プラスにとらえていいとは思う」とコメント。それでも「こんな内容だったらほかの相手には勝てないと思う」と話し、「もう一度チームで反省して、何が悪くて何が良かったのかをみんなで話し合って、練習からもっともっとお互いに厳しく、試合を想定してやっていければなと思う。名古屋も今日勝っていますし、本当に自分たちは勝つことしかない。ポイントを取っていくことを最優先に考えてやっていきたいなと思う」と今後の意気込みを語った。Jリーグ公式サイトが伝えている。

今季も4試合を残すのみとなったJ1リーグ。磐田は今後、アルビレックス新潟、名古屋グランパス、浦和レッズ、ベガルタ仙台と対戦する。今季からJ1の舞台に戻ってきた磐田は残留争いを制することができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/27(火) 15:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報