ここから本文です

【MLB】岩隈久志、6回1失点の快投 日本人歴代単独2位シーズン17勝の権利持ち降板

Full-Count 9/27(火) 11:26配信

17勝目なら08年松坂の18勝に次ぐ日本人単独2位

 マリナーズの岩隈久志投手は26日(日本時間27日)、敵地でのアストロズ戦に先発し、6回4安打1失点と好投。1点のリードを守り、17勝目の権利を持って降板した。シーズン17勝となれば、08年のレッドソックス松坂大輔(18勝3敗)に次いで、日本人歴代単独2位に浮上する。ワイルドカード圏内まで2.5ゲーム差につけるマリナーズは、同3ゲーム差のアストロズと重要な3連戦を迎えている。

岩隈久志のNPB・MLBでの年度別通算成績

 マリナーズは初回、クルーズの三ゴロの間に1点を先制。先制点をもらった岩隈はその裏、先頭スプリンガーにライト前ヒットを許すも、ゴンザレスはニゴロでダブルプレー。苦手のアルトゥーベは中飛に仕留め、3人で攻撃を終わらせた。2回は先頭コレアに中前打、ガッティスは四球で無死一、二塁とされたが、ホワイトは内角へのスライダーで見逃し三振。ケンプはニゴロ併殺打に打ち取り、無失点で切り抜けた。

 マリナーズは3回、カノのキャリアハイとなる34号ソロで追加点を奪取。すると、岩隈はその裏、カストロを空振り三振、マリスニックを二飛、スプリンガーを空振り三振と、この試合初めて3者凡退に抑える。4回もゴンザレスを一ゴロ、アルトゥーベを二直、コレアを空振り三振と、2イニング連続で3者凡退に仕留めた。

 5回はガッティスを遊ゴロ、ホワイトを一ゴロ、ケンプを三ゴロで3イニング連続3者凡退。6回先頭のカストロも遊ゴロに仕留め、12打者連続アウトとした。しかし、続くマリスニックは四球で久しぶりの走者を出す。スプリンガーは空振り三振に仕留めたものの、ゴンザレスには右翼線に痛烈な二塁打を浴びた。一塁走者が一気に生還し1点差。さらにアルトゥーベにはレフト前ヒットを打たれ、二塁走者のゴンザレスが三塁を回る。だが、レフトの青木が好返球。悠々アウトに仕留め、1点のリードを守った。

 岩隈はここで勝利投手の権利を持ったまま降板。この日は83球を投げ、ストライクは55球。防御率は3.96となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/27(火) 11:34

Full-Count