ここから本文です

高岡市議会 情報漏えいで法令順守を指示/富山

チューリップテレビ 9/27(火) 21:16配信

 高岡市議会では、情報漏えいの問題で、議長が、議会事務局の職員に、法令順守の徹底を求めました。

 27日の高岡市議会・議員協議会で、水口清志(みずぐち・きよし)議長は、「議会事務局の職員が、議員に対して、情報公開請求の請求者を伝えるなど、全国で情報漏えいが問題になっている」とした上で、議会事務局職員に対して、法令順守の徹底を指示したと述べました。
 高岡市議会でも、一連の政務活動費の問題で、市議からの問い合わせに情報公開請求があったことを伝えていました。
 誰からの請求かは答えていない、としています。
 また、協議会では、共産党の金平直己市議が、元市議2人が、政務活動費およそ228万円を不正に取得していた問題で、「市民の血税を不正に取得した。刑事告発すべきだ」として、高橋市長の考えを正しましたが、高橋市長は、議会の調査と警察の対応に任せるとして、刑事告発する考えはないと答えました。

チューリップテレビ

最終更新:9/27(火) 21:16

チューリップテレビ