ここから本文です

【ブラジル】米シティとの協議認める イタウ・ウニバンコ

サンパウロ新聞 9/27(火) 4:19配信

 ブラジル最大の民間銀行であるイタウ・ウニバンコ(ItauUnibanco)は22日、シティバンク(Citibank)のブラジルのリテール部門(個人向け金融部門)の買収の可能性について、米シティグループとの間で協議を続けていると認めた。伯メディアが同日付で伝えた。

 イタウ・ウニバンコは協議していることを認めた上で、「現在までのところ、シティグループとの間で売買に関するいかなる取り引きも契約もない」との声明を発表した。

 シティグループは今年2月に、クレジットカードのオペレーションを含むブラジル、アルゼンチン、コロンビア各国のリテール部門を売却する意向があると表明していた。

 シティバンクはブラジル国内で71の店舗を持ち、約5500人の行員を抱えている。口座の数は32万件、カード発行枚数は100万枚。

サンパウロ新聞

最終更新:9/27(火) 4:19

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]