ここから本文です

日本ハムが西武に完封負け、4年ぶり7度目Vはお預け 先発・大谷にV託す

Full-Count 9/27(火) 21:16配信

28日は大谷が10勝&リーグVかけ先発へ、大一番で菊池と“花巻東対決”

 優勝マジック1となっていた日本ハムが27日、敵地で西武と戦い、0-3で敗れた。相手先発に岸に7回4安打無得点に抑えられるなど、西武投手陣に完封負け。マジック対象チームのソフトバンクもロッテに3-2で勝利したため、4年ぶり7度目(前身の東映時代を含む)のリーグ優勝は28日以降にお預けとなった。

 日本ハム先発の吉川は、初回先頭の秋山に死球を与えると、外崎に先取点となる2号2ランを浴びて失点。5回にも炭谷に1年ぶりとなる今季1号ソロを浴び、リードを広げられた。吉川は「内容がどうこうではなくて結果がすべてだったので、初回に先制を取られたことが痛かったです。5回のホームランも本当にもったいなかったです」と悔しがった。5回を投げ、4安打、2本塁打、自責点3で降板した。

 一方の打線も5回1死から岡が中前打を放つまで、岸にノーヒットに封じられた。6回に1死一、二塁と好機を作ったが、陽、中田が倒れ、得点を奪えず。7回は2死一塁から代打に大谷が登場。初球を詰まりながらも中前へ運び、自身も二塁へ到達する好走塁(記録は二塁打)で二、三塁とチャンスだったが中島が見逃し三振に倒れた。岸に9勝目を献上した。

 ソフトバンクも勝利したため、優勝は明日28日の同カードまで持ち越し。発表となった予告先発では日本ハムはこの日、代打で登場した大谷が10勝目とリーグVをかけて登板。西武は菊池雄星が登板する。大一番で岩手・花巻東出身の好投手対決が実現。明日28日も注目度の高い一戦となりそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/27(火) 21:25

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。