ここから本文です

すでにビディッチ2世と認められたか ビディッチ氏「彼は今夏獲得された中で最大のサプライズだ」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/27(火) 20:40配信

ビディッチ氏本人も比較喜ぶ

今夏のマンチェスター・ユナイテッドはポール・ポグバやズラタン・イブラヒモビッチのようなスター選手を獲得したことに注目が集まったが、ビジャレアルから獲得したDFエリック・バイリーも見逃せない。

バイリーはすぐにポジションを確保し、現在もクリス・スモーリングとコンビを組んでいる。そのバイリーはかつてマンUでチャンピオンズリーグ制覇などを経験したDFネマニャ・ビディッチ氏と比較されているという。

クラブ公式サイトのインタビューではビディッチ氏もバイリーとの比較を喜んでおり、この22歳のDF獲得こそ今季のマンUにとって最大のサプライズになっているはずだと称賛した。

「比較論があるのは知っているけど、嬉しいね。バイリーは今のプレイを続ければ、マンUで素晴らしいキャリアを築けると思う。その彼と比較されるのは光栄だよ。彼はパワーがあり、テクニックもある。自信を持っているし、あらゆる能力を備えているね。ゲームを読む能力もあるし、彼を獲得したのは成功と言えるだろう」

「サポーターにも人気がある。彼は今夏獲得された選手の中で最大のサプライズだったんじゃないかな。まだ22歳だけど、すぐにチームに馴染んだ。イングランドに適応するのに時間を必要とする選手は多いけど、彼はすぐに自信溢れるプレイを見せているね」

バイリーはまだまだ若さが感じられるプレイもあるものの、スピードもあって非常に魅力的なセンターバックだ。上手くいけば今後数年間マンUの最終ラインを支える存在になれるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/27(火) 20:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]