ここから本文です

オアシス バンドの軌跡を描いたドキュメンタリー映画『オアシス:スーパーソニック』12月日本公開

Billboard Japan 9/27(火) 12:20配信

 オアシスのドキュメンタリー映画『オアシス:スーパーソニック』が、2016年12月24日より角川シネマ有楽町ほかで全国公開される。

 本作は、1991年、兄ノエル・ギャラガーが弟リアムのバンドに加入してから、1996年、2日間で25万人を動員し、当時の野外コンサートとしての動員記録を更新したネブワース公演までのバンドの軌跡を描いた作品。オアシスはこの5年の間に、ファースト・アルバム『Definitely Maybe』(94年)、セカンド・アルバム『(What's The Story) Morning Glory?』(95年)と言う音楽史に名を刻む2作品を発表している。

 ノエル、リアムのギャラガー兄弟らと共に、『AMY エイミー』(16)で第88回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞したアシフ・カパディアが製作総指揮を務め、『グアンタナモ、僕たちが見た真実』で2006年ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したマット・ホワイトクロスが今作ではメガホンをとった。

 バンドの中心であるギャラガー兄弟に対する新たなインタビュー、バンドメンバーや関係者たちの証言、名曲の数々をとらえた貴重なライブ映像、更に膨大なアーカイヴ(写真、記録、資料)に前例のないレベルでアクセスを許可された本作の製作陣たちは、一部をアニメーションによって再現し、ありのままの彼らの物語を紡いで行く。そしてそこには常に、時代を象徴する名曲たちがあった。



◎マット・ホワイトクロス監督-コメント
本作で私が意図することは、バンドの核心を掴むこと、そしてリアム&ノエル・ギャラガーの強烈な関係性を前面に押し出すことです。なぜならその切迫した衝突関係こそが、このバンドを魅力的にしている要素だからです。彼らのコンサートはいつもこれが最後かもしれないと思わせるようなものでした。その不安定さこそオアシスを作る要素であり、同時に究極的には破たんの原因となったのです。その態度、辛辣なユーモア、実直さ、そして彼らが象徴していた可能性の感覚。自分たちを信じる事だけで、彼らふたりは世界に立ち向かっていたのです。本作は彼らの音楽に関する映画です。壮大で快楽的、肯定的でメランコリック、そして時代を超越した彼らの楽曲に関する映画です。ワンダーウォール、シャンペン・スーパーノヴァ、ロックンロール・スター、ドント・ルック・バック・イン・アンガー。これらすべての忘れがたい名曲が勢ぞろいします。今こそ、世界中の人々が失ったものを思い出す時です。オアシスは永遠です。

◎映画『オアシス:スーパーソニック』
監督:マット・ホワイトクロス『グアンタナモ、僕たちが見た真実』
製作:フィオナ・ニールソン、ジェームズ・ゲイ=リース、サイモン・ハーフォン
製作総指揮:リアム・ギャラガー、ノエル・ギャラガー、アシフ・カパディア『AMY エイミー』、『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』
編集:ポール・モナハン/音楽:ラエル・ジョーンズ/再レコーディングミキサー:リチャード・ディヴィ/VFX&アニメーション:ザ・ブルワリー/ VFX&アニメーションスーパーバイザー:マーク・ナップトン/ミュージックスーパーバイザー:イアン・クック、イアン・ニール
2016年/イギリス/英語/カラー/122分/配給:KADOKAWA
Photo(C)Jill Furmanovksy

最終更新:9/27(火) 12:20

Billboard Japan