ここから本文です

幕張での@JAM×ナタリーでスペシャルアクト、チキパ 秋の定期ライブ&5周年イベ発表

Billboard Japan 9/27(火) 17:15配信

 7人組の新体制となって初めて迎えた今年の夏も、各地のアイドルフェスから60分ノンストップライブ、神イベントと話題のバスツアーと精力的な活動を続けてきたアイドルグループ Cheeky Paradeが、9月24、25日に千葉 幕張メッセ国際展示場9~11ホールで行われた【@JAM×ナタリー EXPO 2016】に出演。その壇上で、秋以降の活動を発表した。

 6月末を持って主力メンバー2名がLA留学でチームを離れることになり、増員せず残る7人で歩む道を選んだ彼女たち。9月にリリースした新体制では初のシングル『Hands up ! 』では、欧米で流行していたパジャマファッションを衣装に取り入れ、アップデートされたスタイルを提唱してきた。アイドルシーンで今、人気急上昇中の面々が揃った【@JAM×ナタリー EXPO 2016】という舞台は、現体制をアピールする格好の機会になったといえるだろう。

 中でも一番の見所となったのは初日の終盤戦、会場に設置された計7ステージ内で最も広大なストロベリーステージでのアクトだ。この日のためのスペシャルな演出として、布団や大きなクマのぬいぐるみを手に登場したチキパは、2曲目「SUPER STAR」を披露する際、壇上に敷いた布団の上に寝そべってメンバー同士でじゃれ合いながら同曲のキュートなメロディを歌唱。ライブが命をお題目に、これまでブートキャンプを模した肉体改造ツアーや冒頭で紹介した1時間以上のノンストップライブなど、運動量の高いダンスとハイスキルなボーカル力を駆使し、観衆と共に汗をかくアクトがご自慢の彼女たちからすればこれは珍しいアプローチなのだ。

 しかも、メンバーの永井日菜と関根優那が情感あふれるメロディを歌い上げながら客席中央に向かって歩いたランウェイや、7人のダンスを演出するド派手なライティングなど、広い会場に設置された舞台装置の数々もあり、チキパらしいスケール感のあるパフォーマンスはもちろん健在だ。当ステージのラストには結成当初からある代表曲中の代表曲で開放感のあるアッパーチューンをセレクトしたが、最近は観客の行動制限が厳しいオープンスペースでのリリースイベントが続いていたこともあってか、ファンはいつも以上に激しく盛り上がる大盛況となっていたのが印象的だ。

 なお、そのステージ上では、11月4日のVol.0から定期的に行っていくライブシリーズと、来年2月に5周年記念ライブを渋谷O-WESTで開催することを新たに発表。変化を迎えた2016年下半期から大きな節目となるアニバーサリーに向け、速度を上げていく7人に期待だ。


◎シングル『Hands up!』
2016/09/07 RELEASE
[CD+Blu-ray]
AVCD-39299/B 2160円(税込)
[CDシングル]
AVC1-39300 1000円(税込)
ミュージックビデオ:http://y2u.be/2Jbzo-JWsJI

◎【チキパ ライブシリーズ Vol.0】
11月4日(金) 東京 渋谷WOMB

◎【チキパ5周年記念ライブ】
2017年2月19日(日)東京 渋谷O-WEST

◎Cheeky Parade イベント出演情報
【スポーツ・オブ・ハート・ミュージックフェス2016】
10月15日(土) 東京 国立代々木競技場 第一体育館
【秋葉原ハロウィン2016 supported by 秋葉原観光推進協会】
10月16日(日) 東京 ベルサール秋葉原
【MARQUEE祭 Vol.01】
10月20日(木) 東京 TSUTAYA O-WEST
【NEWシングル「Hands up!」発売記念ミニライブ+握手会】
10月23日(日) 東京 ららぽーと豊洲 シーサイドデッキメインステージ
【AKASAKA BLITZ HALLOWEEN 2016】
10月30日(日) 東京 赤坂BLITZ
【@JAM the Field vol.10】
11月26日(土) 東京 恵比寿LIQUIDROOM

最終更新:9/27(火) 17:15

Billboard Japan

なぜ今? 首相主導の働き方改革