ここから本文です

【米ビルボード】ザ・チェインスモーカーズがソングチャート6週目1位

Billboard Japan 9/27(火) 20:00配信

 10月8日付の最新米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”は、ホールジーをフィーチャーしたザ・チェインスモーカーズの「クローサー」が6週目の首位を獲得。また、Lil YachtyをフィーチャーしたD.R.A.M.のデビュー・ヒット「Broccoli」がトップ10入りするなど、注目の3曲がトップ40圏内に初登場する結果となった。

 ザ・チェインスモーカーズとホールジーにとって初の“Hot 100”No.1ソングとなった「クローサー」は、9月22日締め調査週において16万2,000ダウンロードを売り上げ(ニールセン・ミュージック調べ)、“Digital Song Sales”チャートでは7週目の首位をマークしている。

 また、“Streaming Songs”チャートでも6週目の首位に立つ「クローサー」は、サブスクリプション・サービスに基づく“On-Demand Songs”ストリーミング・チャートにおいても7週目の首位に。“Pop Songs”ラジオ・エアプレイ・チャートにおいては、「ドント・レット・ミー・ダウン」(feat.ダヤ)以来2曲目の1位となった。

 続く2位はトゥエンティ・ワン・パイロッツの「ヒーサンズ」だ。2月に同じく2位をマークした「ストレスト・アウト」に続き、“Hot 100”自己最高位をキープしている。

 3位も先週と同じく、ジャスティン・ビーバーとムーをフィーチャーしたメジャー・レイザーの「コールド・ウォーター」だ。9月15日に公開された“ダンス・ビデオ”の影響で“Streaming Songs”チャートでも3位をキープしているものの、“Digital Song Sales”では先週4位から10位にランクダウンしている。

 4位はビーバーをフィーチャーしたDJスネークの「レット・ミー・ラヴ・ユー」で、先週6位からのトップ5入り。“Streaming Songs”チャートでは先週に同じく5位、“Digital Song Sales”では先週10位から7位へ、“Radio Songs”では先週18位から12位へとそれぞれ上昇している。

 トップ5最後はショーン・ポールをフィーチャーしたシーアの「チープ・スリルズ」。“Radio Songs”チャートでは8週目の1位となり、依然として全米のラジオで最も聴かれている曲となっている。

 6位はショーン・メンデスの「トリート・ユー・ベター」が先週8位から最高位へと上昇。これに続くのは、ザ・チェインスモーカーズによるトップ10内のもう一曲「ドント・レット・ミー・ダウン」で、先週5位からダウンの7位となっている。

 8位は、先週12位から上昇のLil YachtyをフィーチャーしたD.R.A.M.のデビュー曲「Broccoli」だ。大きく影響したのは1,730万回のストリーミング数で、“Streaming Songs”チャートでは4位をマークしている。

 バージニア州ハンプトン出身の同ヒップホップ・アーティストは先月、米ビルボードに対し「ビルボードのトップ40入りするなんて思いもしなかった。ヒップホップ・カルチャーとかSoundCloudとかインターネットでちょっと話題になる程度だと思っていた。けど、本当にデカくなって驚いてるよ。だからみんな満足さ」と語っていた。

 ちなみに同曲は、ディー・ディー・シャープの「マッシュド・ポテト・タイム」(1962年2位)とブッカー・T&ザ・MG’sの「グリーン・オニオンズ」(1962年3位)に続いて、“Hot 100”58年の歴史における野菜の名が付いた最新ヒット曲となる。

 今週の“Hot 100”に戻り、9位はセレーナ・ゴメスをフィーチャーしたチャーリー・プースの「ウィ・ドント・トーク・エニモア」。先週13位からのトップ10返り咲きで、最高位を伸ばしている。そしてトップ10最後は、リアーナをフィーチャーしたカルヴィン・ハリスの「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」で、先週7位からのダウンとなった。

 その一方、カルヴィン・ハリスはニューシングル「マイ・ウェイ」が今週24位に初登場。“Digital Song Sales”チャートでは4位、“Streaming Songs”では45位、“Radio Songs”チャートでは46位に登場している。

 なお、「マイ・ウェイ」の他にも今週の“Hot 100”トップ40に初登場した曲が2曲ある。最もハイランクに登場したのは、Artists of ThenとNow & Foreverによる「Forever Country」の21位発進だ。“Hot Country Songs”チャートでは首位となっている。

 そしてもう1曲は、ダフト・パンクをフィーチャーしたザ・ウィークエンドの40位初登場曲「スターボーイ」だ。同曲は9月22日の早朝リリースのため、たった1日のセールスと4日間のエアプレイ期間ながら、“Digital Song Sales”では22位、“Radio Songs”では37位スタートとなった。一週間フルの結果が反映される次回10月15日付チャートでは、更に良い結果となることだろう。

最終更新:9/27(火) 20:00

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]