ここから本文です

ブーム便乗!? 不倫ソングを厳選した企画CDが発売。ジャケットはあの週刊誌風。

Billboard Japan 9/27(火) 20:00配信

 2016年、年初から毎月のように報じられてきた“不倫”のニュース。9月28日、こうした不倫ブームに便乗!?したコンピレーションCD『禁じられた愛の唄』の発売が決定した。

 史上初とも言える、正面から“不倫”をテーマに取り組んだ邦楽コンピレーション。現実世界における不倫はもちろん許されるものではないのだが、しかしその一方で、この恋愛感情をテーマとした文学や音楽、映画など芸術作品の中には名作と呼ばれるものも少なくなく、日本の歌謡界においても、数多くの名曲が存在する。

 本作には、「シンデレラ・ハネムーン」(岩崎宏美)、「ブルースカイ ブルー」(西城秀樹)といった歌謡史に輝く人気曲から、「年下の女」(森進一)、「越冬つばめ」(森昌子)、「愛人」(テレサ・テン)、「天城越え」(石川さゆり)といった長くカラオケで愛唱されている演歌まで、ほぼ発売順に収録されているので、不倫ソングの歌謡史をたどる上でも貴重な資料となっている。

 収録曲を紐解くと、迷いながらも“禁じられた愛”に溺れていくタイプ、迷いの境地を抜け“禁じられた愛”を容認するタイプ、自分が本命でないと知り“禁じられた愛”に戸惑うタイプ、既婚女性との“禁じられた愛”を想う(あるいは回想する)タイプと様々なストーリーがある。

 このような楽曲からヒットが多い理由を、音楽市場アナリストの臼井孝(T2U音楽研究所)は、「禁じられているからこそ生じる切なさややるせなさ、許されないからこそ生じる燃えたぎる愛、またそれを傍で感じる立場にある人の狂おしさや嫉妬など、様々な感情がリアルに描かれている。また、逆境の中でも愛を貫こうとする点で、ある種“純愛の極み”とも言えるかもしれない。だからこそ、共感を憶える人が多いのではないでしょうか」と語る。

 ちなみに本作のジャケットは、今年“不倫”というキーワードで世間を騒がせた、あの雑誌を彷彿とさせるデザインとなっているので、そこにも注目だ。

◎リリース情報
『禁じられた愛の唄』 (オムニバス)
2016/9/28(水)Release
VICL-64646(CD)全18曲収録/1,800円 (税別)

<収録曲>
01. 年上の女(ひと) / 森 進一
02. 他人の関係 / 金井克子
03. シンデレラ・ハネムーン / 岩崎宏美
04. ブルースカイ ブルー / 西城秀樹
05. お嫁にゆけないわたし / 三浦弘とハニーシックス
06. 左手で愛して / 畑中葉子
07. ガラスの花 / 高田みづえ
08. さざんかの宿 / 大川栄策
09. 越冬つばめ / 森 昌子
10. ホテル / 立花淳一
11. 愛人 / テレサ・テン
12. し・の・び・愛 / 柏原芳恵
13. あゝ無情 / アン・ルイス
14. 天城越え / 石川さゆり
15. なめとんか / やしきたかじん
16. 悦楽の園 / 長山洋子
17. 海雪 / ジェロ
18. Ti Amo / 湖月わたる(カバー)

最終更新:9/27(火) 20:00

Billboard Japan