ここから本文です

F1変革狙う新オーナー、スポーツマーケティング界の第一人者と契約か

オートスポーツweb 9/27(火) 15:55配信

 過去にF1でさまざまなスポンサーシップ契約をまとめた経験を持つザック・ブラウンが、現在の職を退くことが明らかになり、彼がF1の新オーナーとなるリバティ・メディアで商業関係の上級職に就くのではないかとの推測が持ち上がっている。

F1参入がうわさされるザック・ブラウン

 スポーツおよびエンターテインメント部門のマーケティングサービスを提供するCSMスポーツ&エンターテインメントのグループCEOを務めるブラウンが、今年末に退任することが発表された。

 ブラウンが1995年に設立したジャスト・マーケティング・インターナショナルグループは、世界最大のモータースポーツ・マーケティング・エージェンシーに成長、2013年にCSMに買収され、チャイム・コミュニケーションズのスポーツ&エンターテイメント部門となった。

 ブラウンは、チームやF1に新しいスポンサーを持ち込んだ実績を持つ。たとえば、ウイリアムズとマルティーニ、フェラーリとUPS、マクラーレンとジョニーウォーカー、そしてF1グループとUBSとのスポンサー契約などだ。この経験から、彼がF1の商業部門の上級職に就く有力候補として浮上してきた。


 今月初め、アメリカのメディア関連会社であるリバティ・メディアが、F1株式の買収手続きをスタートしたことを発表した。21世紀フォックス社の副会長を務めるチェイス・キャリーがF1の新会長に就任、バーニー・エクレストンがCEOのポジションを維持することが明らかになっている。

 キャリーは今後、優秀な人材を集めて、上層部のポストに据えるのではないかと考えられている。

 F1の新オーナーは、今後の成長が見込める領域、例えばデジタルメディアや北米を含めた主要な地域での発展や成長を目指す意向であり、キャリーはそのための人材集めを行おうとしているようだ。

 シンガポールGPでキャリーは「私は事業を経営すること、バーニーたちと働く適切なチームを整備することについてきちんと理解している」と述べた。

 エクレストンがF1グループのCEOの座にとどまることは確定している一方で、キャリーは、発展可能と思われる領域を速やかに確立し、自身が述べている目標を実現するためのチームを立ち上げたいと考えている。

 ブラウンは、月曜日朝に発表した公式声明において、「在職期間中、並外れたチームの一員でいられたことを大変光栄に思っている」と語った。

「JMIがCSMと統合し、輝かしい将来のために力強いビジネスの準備をすることができた。これまで自分の目標を達成してきたことに満足している」

「この経験を、私が最もよく知る分野、モータースポーツという分野での次なるチャプターで活用していくつもりだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/27(火) 16:04

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]