ここから本文です

ホンダ、PUアップデートの判断はマレーシアで。ペナルティに悩む

オートスポーツweb 9/27(火) 7:16配信

 ホンダはマクラーレンに搭載するパワーユニットの今季最後のアップグレードをマレーシアGPで投入するかどうか、まだ決定していない。週末がスタートしてから判断するという。

2016年第15戦シンガポールGP ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

 次にパワーユニットをアップグレードすれば、フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンはグリッド降格ペナルティを受けることになる。そのため、ホンダF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介氏は、マレーシアの次の日本GPでの導入は避けたい考えであり、マレーシアがタイミング的にはいいと以前述べていた。

 合計21戦の今年はドライバーひとりあたりパワーユニットを5基使用でき、パワーユニットを構成する6つのコンポーネントのいずれかが6基目以降に入った場合はグリッドペナルティが科される。しかしアロンソもバトンもすでにコンポーネントが5基目以降に到達している状態だ。

 ホンダにはあと3トークンが残っており、それを内燃エンジン(ICE)の向上に使うために取り組んできたといわれている。ただしダイナモ上でICEに大きな向上が見られない場合は、他のエリアにトークンを使う可能性もある。

 ホンダは、ペナルティを考慮して、1台のみにアップグレードを入れることも検討しているようだ。


「今回パワーユニットのアップデートを導入するかどうか、100パーセント定まった状況ではありません」と長谷川総責任者。

「パフォーマンスと信頼性のバランスに基づき、サーキットで最終的な決断を下すことになるでしょう」

 マクラーレン・ホンダの競争力は向上しつつあるが、ダブル入賞は5月のモナコ以来成し遂げていない。

 バトンはベルギーとシンガポールとでは他車との接触というアクシデントに見舞われ、アロンソはベルギーでトラブルのため予選でタイムを出すことができなかった。

 レーシングディレクターのエリック・ブーリエは、マレーシアでは2台揃って入賞させることを目指すと述べている。現在マクラーレン・ホンダはコンストラクターズ選手権において6位で、7位のトロロッソとの差はわずか7点だ。

「ここ数戦、どちらかのマシンが不運に見舞われることが多かったので、残りのレースでは信頼性の問題を解決し、2台とも完走に持っていくことを目指す必要がある」とブーリエ。

「2台とも信頼性の問題が起こらなければ、ポジティブな週末になると期待している」

「ここ数戦、我々のパッケージは安定して中団で戦う力があること、いくつかの強力なチームの前で完走するポテンシャルがあることを証明してきた。今後もこのポジションを維持し、上位に少しでも近づくことを目指して戦っていく」

 セパン・インターナショナル・サーキットは長いストレートを備えたレイアウトであり、それはマクラーレン・ホンダにとって厳しい材料ではあるが、バトンは前向きな気持ちを抱いている。

「ここは高速サーキットととらえられており、そういうタイプのサーキットは通常、僕らのパッケージが得意とするものではない。しかし僕らのマシンはブレーキング時のパフォーマンスにおいて優れている。長い高速ストレートの後に続くタイトなコーナーに対処するのに必要なものだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/27(火) 7:24

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。