ここから本文です

マレーシアGPに向けサーキットが大改修。「ドライバーにとってはほとんど新コース」

オートスポーツweb 9/27(火) 9:06配信

 セパン・インターナショナル・サーキットでは、今年のマレーシアGPを前に広範囲にわたる改修が行われた。再舗装され、9つのコーナーにおいて変更がなされており、ドライバーは初めてのコースのように感じるだろうと主催者は述べている。

2015年F1第2戦マレーシアGP キミ・ライコネン(フェラーリSF15-T)

 今年に入ってから、コース全体が再舗装され、排水溝やランオフエリアも変更された。また、いくつかのバンプが取り除かれている。

 セパン・インターナショナル・サーキットのCEO、ラズラン・ラザリ氏は、変更が広範囲にわたるため、ドライバーたちにとっては「セパンサーキットに初めて来たような感覚に陥るだろう」と述べている。

 改修を手掛けたドローモ社の創設者ヤルノ・ザフェリ氏は、新しい路面になり、タイヤがこれまでとは異なる反応を示すと予想している。

「ほぼすべてのコーナーが、垂直荷重の面でより困難になるはずだ。一方、最終コーナーは逆にリバースキャンバーとなり、より低速になる。グリップの大部分はタイヤに頼ることになる」


 9つのコーナーが改修され、600m以上にわたる縁石がFIAおよびFIM仕様に合わせて変更された。

 なかでも最も大きな変更がなされたのは最終コーナーのヘアピンであるターン15で、コーナーのイン側が1メートル高くなった。そのためレーシングラインが変わり、オーバーテイクのチャンスが増える可能性があるという。また、排水効率が向上し、豪雨の際に大きな水たまりができることを防ぐ効果も期待される。

 さらにターン2、3、4、5、6、9、12、13に関しても、排水とドライバビリティを考慮して傾斜が変更された。またターン1とターン4入口のバンプは再舗装により取り除かれている。

 視察を行ったFIAレースディレクターのチャーリー・ホワイティングは、ホモロゲーション報告書において、次のように記している。

「コース全体の路面とピットレーンが極めて高い水準で再舗装された」
「コーナーの流れをよくし、排水を向上させるため、多数の箇所で形状が変更された。非常に高品質の作業がなされている」

 今年MotoGPのテストの際には、路面がいったん乾いた後に水が染み出してくるという問題が発生したが、再発防止のため、その後、万全の対策が講じられたとFIAは述べている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/27(火) 9:09

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]