ここから本文です

「マシンが不調で評価が困難」ルノーはドライバー決定をさらに先送りにする考え

オートスポーツweb 9/27(火) 14:21配信

 ルノーF1チームのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、2017年のドライバーを決定するうえで、今季マシンの不調が悪影響をおよぼしていることを認めた。 

ルノー、成績不振によるチーム内の不和とリーダーシップ不足を認める

 ケビン・マグヌッセンはイタリアGP後に、シンガポールGPまでに(去就を)決定すると話していたが、マリーナベイでの発表はなかった。シンガポールではマグヌッセンがチームに今季2度目のポイントをもたらしたが、ドリンクボトルのトラブルによって水分補給なしでのレースを強いられ、トラブルの多さを強調する形となった。

「現在抱えるドライバーに対して、公正でなければならない。ハードウェアが最高のものではないため、彼らのペースや安定性を測るのは難しい。適切に評価されるためのチャンスはできるかぎり与えているが、我々の持つハードウエアで均一に評価することは、まったくもって困難だ」とアビテブールは言う。

 マグヌッセン、ジョリオン・パーマー以外ではセルジオ・ペレスにオファーをしていたルノーだが、判断の遅れが影響し、ペレスはフォース・インディアに残留するようだ。トロロッソのカルロス・サインツJr.獲得も示唆されていたものの、レッドブルとの契約があるうえに、チームは放出も考えてはいなかったという。メルセデスのジュニアドライバーであり、マノーに加入する以前はルノーでリザーブドライバーを務めていたエステバン・オコンについては可能性が残されている。アビテブールは発表が遅れていることについて、以下のように説明する。


「もっと時間をかける必要がある。我々にはいくつもの良い選択肢があり、これは人々がルノーのプロジェクトに信頼を寄せていることの証だ。チームにとって最良の判断を下すためには、もう少しの情報と知識が必要なんだ。決定に時間がかかっていることは、現在のドライバーに影響を与えてはいない」

 ルノーは現在、レース環境下でのオコンのパフォーマンスを観察中であり、レギュラードライバーとして十分な役割を果たせるか否かを評価中だと考えられている。オコン加入の可能性について聞かれると、アビテブールは「もちろんある。彼は現在参戦しているので、より多くの情報が得られるという点で、我々は良い立場にある。いま契約中のトップドライバーらは、今後も契約にしばられる。誰がフリーで、誰がそうでないかはわかっているので、もう少し時間を取ることにする。できるかぎりの知識を得ておきたいと考えている」と意見を述べた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/27(火) 14:25

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。