ここから本文です

登坂選手は地元の希望 高岡・木津小 住民ら400人祝福

北日本新聞 9/27(火) 0:32配信

 リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得したレスリング女子48キロ級の登坂絵莉選手(23)=高岡市出身、東新住建=の祝勝会が26日、母校の同市木津小学校で開かれ、地域住民らが偉業をたたえた。

 地元の木津校下登坂絵莉後援会(南林司郎会長)が開催。住民ら約400人が出席し、登坂選手を盛大に迎えた。

 南林会長が「有言実行で金メダルを獲得した。木津っ子に夢と希望、地域に活力を与えてくれてありがとう」とあいさつした。試合当日に同校で行われたパブリックビューイングの様子も上映され、五輪の感動がよみがえった。

 登坂選手は「皆さんの力が届き、金メダルが取れた。これからも夢と勇気、感動を与えられるよう、東京五輪を目指していきたい」と述べた。

 登坂選手のサインが当たるクイズ大会や地元住民による祝いの剣詩舞も披露された。

北日本新聞社

最終更新:9/27(火) 0:32

北日本新聞