ここから本文です

いよいよ始動 「侍ジャパンU-23」って誰がいる?

ベースボールキング 9/27(火) 12:45配信

10月28日にW杯が開幕!

 いよいよ来春に迫った第4回ワールド・ベースボール・クラシック。侍ジャパンのトップチームはこの秋から本格的に「世界一奪還」に向けて歩み始めるわけだが、その前に若き侍たちによる世界一決定戦が行われることはご存知だろうか。

 来月28日から11月6日にかけて、メキシコで開催される「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」。26日には侍ジャパンU-23代表を率いる監督及び、コーチが決定。監督には巨人の二軍を指揮する斎藤雅樹氏が就任した。

 気になる代表メンバーは10月上旬の発表予定。「U-23」としてくくった時、そのメンバーは一体どうなるのか...。ここでは1993年1月1日以降に生まれた23歳以下の選手を対象に、日の丸を背負って戦う代表候補となりそうな選手をピックアップしてみた。

人材豊富な投手

 投手はすでに一軍で実績を残した選手がズラリ。投打にチームの中心として活躍している大谷翔平(日本ハム)を筆頭に、2年連続で2ケタ勝利を挙げている武田翔太(ソフトバンク)、リリーフでは2年連続30セーブの松井裕樹(楽天)と、すでにトップチームで戦った経験のある選手も。

 むしろ、ここは11月にWBCへ向けた強化試合を戦うトップチームに招集される可能性も高く、本大会のメンバーには入らないことも考えられる。

 それでも、今季2ケタ勝利をマークした千賀滉大(ソフトバンク)や田口麗斗(巨人)ら一軍で結果を残している選手がまだまだ残っており、戦力は揃っているといえるだろう。


<投手>
武田翔太(ソフトバンク/23歳)
千賀滉大(ソフトバンク/23歳)
多和田真三郎(西武/23歳)
釜田佳直(楽天/23歳)
戸田隆矢(広島/23歳)
岡田明丈(広島/23歳)
石田健大(DeNA/23歳)
今永昇太(DeNA/23歳)
熊原健人(DeNA/23歳)
大谷翔平(日本ハム/22歳)
藤浪晋太郎(阪神/22歳)
松田遼馬(阪神/22歳)
青柳晃洋(阪神/22歳)
二木康太(ロッテ/21歳)
松井裕樹(楽天/21歳)
田口麗斗(巨人/21歳)
若松駿太(中日/21歳)
山岡泰輔(東京ガス/21歳)
安楽智大(楽天/20歳)
高橋光成(西武/19歳)
小笠原慎之介(中日/19歳)

1/2ページ

最終更新:9/27(火) 12:54

ベースボールキング