ここから本文です

ゆるキャラが電車出勤

紀伊民報 9/27(火) 16:45配信

 和歌山県串本町のゆるキャラ「まぐトル」が27日、電車に乗って同町串本の町役場に出勤した。まぐトルの登場に通学や通勤途中の人らが興味を示していた。

 まぐトルは、町内で養殖が盛んに行われているクロマグロをモチーフにしたキャラクター。トルコの民族衣装を着用し、胸にはトルコのお守り「ナザール ボンジュウ」を付けている。町のイベントなどで登場しているが、それだけにとどまらず、インターネット上で話題になるような面白い活動を通して町を発信していこうと、町地域おこし協力隊が企画した。

 まぐトルはこの日、町総務課の地域おこし協力隊員で、トルコ人のアイシェギュル・アルカンさん(26)と一緒に同町西向のJR古座駅から乗車。同町串本のJR串本駅で降り、町役場まで歩いて朝礼にも参加した。電車通学の串本古座高校の生徒らが写真を撮ったり、通勤途中の人が目を留めたりしていた。アルカンさんは、まぐトルが表紙を飾っている町広報10月号を生徒らに配るなどした。

 まぐトルの出勤の様子を撮影した町産業課の地域おこし協力隊員、博多敏希さん(33)は「フェイスブック上にまぐトルのページも作ったので、今後も面白い活動をし、載せていきたい」と話した。

 まぐトルは、ゆるキャラグランプリ2016にエントリーしており、投票を呼び掛けている。

最終更新:9/27(火) 17:02

紀伊民報