ここから本文です

[プレミアリーグEAST]FC東京U-18支えた2年生CB坂口「マコくんを見習いつつ、マコくんよりも」

ゲキサカ 9/27(火) 13:27配信

[9.24 高円宮杯プレミアリーグEAST第14節 FC東京U-18 1-1 市立船橋高 東京ガス武蔵野苑多目的G(人工芝)]

 日本クラブユース選手権(U-18)大会優勝のFC東京U-18と全国高校総体優勝の市立船橋高。「夏の全国王者」同士が激突したの注目カードで成長を示したのが、FC東京のCB坂口祥尉(2年)だ。佐藤一樹監督もほぼミスなくプレーしていた坂口を評価。U-23チームに帯同して不在だったCB岡崎慎(来季トップチーム昇格内定)に負けないプレーで最終ラインを安定させた。

 CB蓮川壮大主将が負傷していたこともあり、坂口はここ2試合、岡崎と2CBを組んでプレー。そして市立船橋戦は復帰した蓮川とCBでコンビを組んで相手の迫力ある攻撃を跳ね返した。本人は「マコくん(岡崎)は一緒にプレーしていると安心感が凄くある。マコくんがいなくても安心してDFラインを見てもらえるように、マコくんを見習いつつ、マコくんよりもという意識はありますね」と坂口。今年は本来主軸の岡崎がJ3に出場する機会が多かったが、その中で坂口がCBのポジションで台頭してきた。そして岡崎が5試合に出場したクラブユース選手権では主に左SBとして優勝に貢献。経験値を高めてきた。

 本人はメンタル面での成長を実感。FC東京U-15むさしで主将を務めていた“闘将”は、今では先輩たちに厳しい言葉をぶつけるシーンも良く見られる。「DFラインは2年生が多いので真ん中に位置している自分が声かけてやっていると思っている。たまに先輩とか関係なく言ってしまったときは反省しつつ(微笑)。でも、言い合いながら全体の意識を高めていきたい」。同じく闘志あふれる動き、声でチームを引っ張る蓮川の隣で、チームの成長のために言い続けるつもりだ。

 この日は前半20分に自分が相手に背後を取られ、そこから失点。好守の光ったゲームだったが、「自分がロングボールで裏を取られてそこからの失点だった。取られた後にもっと対応できたかなと。壮大くんもここ2節出ていなかったので、もうちょっと自分が声かけてやるべきだった」と反省することも忘れない。今後へ向けては、チームが目標とする3冠獲得のために戦いながら「まだJ3に出ていないので、こっちでしっかり結果を残して、J3も少しずつ出ていけるようになっていきたいです」と個人としての目標達成をすることも誓っていた。
 

最終更新:9/27(火) 13:27

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]