ここから本文です

ジダン監督、リーガ2戦連続ドローも「時にはそれで目が覚めることもある」

ゲキサカ 9/27(火) 17:29配信

 レアル・マドリー(スペイン)は27日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第2節でドルトムント(ドイツ)と対戦する。ジネディーヌ・ジダン監督が開幕白星スタート同士の首位攻防戦に向けて語った内容を、欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトが伝えている。

 今季の公式戦6勝2分で無敗をキープするとともに、リーガ・エスパニョーラ首位を走るレアルだが、その2分はリーガでの直近2試合のもの。勝ち点3を取りこぼすゲームが続いたことについて、ジダン監督はむしろポジティブな見方をしているようだ。

「最近の試合でポイントを取り損ねたが、それも珍しいことではない。シーズン中に何度かあるものだ。重要なのは設定した今季の目標に向けて、しっかり取り組めているかどうかだ。チームは良い状態にあると信じている。時には、そうした試合で目が覚めることもある。私は心配していないよ。いくつかの点は改善していけるはずだ」

 煮え切らない2つのドローが選手たちの発奮材料になると信じるジダン監督は「激戦を予想している。ドルトムントには数人の新加入選手がいるが、チームの理念は変わっていない。彼らはフットボールをしたがっているが、それは我々も同じだ」と真っ向勝負を誓った。

最終更新:9/27(火) 19:17

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]