ここから本文です

[プレミアリーグEAST]負けないチームから勝ち切るチームへ、後期無敗の大宮ユースが清水ユース撃破!

ゲキサカ 9/27(火) 20:12配信

[9.25 高円宮杯プレミアリーグEAST第14節 大宮ユース 3-2 清水ユース NTT東日本志木総合G]

 高校年代最高峰のリーグ戦、高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグEAST第14節の大宮アルディージャユース(埼玉)対清水エスパルスユース(静岡)戦が25日に行われ、ホームの大宮が3-2で勝利した。

 ともに首位と6差の勝ち点21。優勝の可能性を残したまま終盤戦を迎えるためには、勝たなければならない戦いだった。その前半は大塚真司監督が「背後取られたり、クロスの対応のところもありましたけれども、それ以外はパーフェクトに近い内容だったと思います」と評したように、大宮が主導権を握る展開。大宮のMF山田陸主将(3年)が「前半の入りはいつも悪かったんですけどそれを意識してやったことが良かった」と語ったのに対し、清水はチームの大黒柱である189cmCB立田悠悟の欠場が当日朝に決定したこともあり、「最初の10分、15分、守備のところがバタバタしてしまった」(清水・平岡宏章監督)。万能型のMF梅村豪(3年)がCBに入って対応したが、守備の柱を欠く不安からか後ろへの意識が傾きすぎた立ち上がりに2失点してしまう。

 前半5分、大宮は山田のスルーパスで左中間を抜け出したFW小柏剛(3年)が切り返しでDFをかわして右足シュートを叩き込む。ポゼッションに5戦連発を記録した小柏やFW奥抜侃志(2年)のスピードを活かした動きを加えて攻める大宮は16分、山田のループパスで抜け出したMF長谷川元希(3年)が決定的な右足シュート。これは清水GK水谷駿介(3年)が止めたものの、連続攻撃をする大宮は左クロスが中央の小柏に入り、最後はこぼれ球を回収した長谷川が右足でゴールを破った。

 この後も大宮は小柏が積極的にシュートを打ち切っていく。一方の清水はFW平墳迅(2年)がボールを収めて攻撃に繋げるシーンもあったが、それ以上に慌てて攻めたところで簡単にロストしてしまう場面が目立った。清水の攻撃が迫力を欠いていたこともあって試合は大宮が完全にコントロール。大宮はDFラインから山田や長谷川を経由させながら丁寧にボールを動かし続ける。ただし、敵陣でアクションをかける回数が減少。大塚監督も「ネットを揺らす目的というのは常に持ち続けていないといけない。清水エスパルスは本当に素晴らしいチームだし、粘り強いチームなので絶対に2点じゃ折れない、難しいゲームになると思っていた」と振り返っていたが、相手を上回っていた前半に3点目を取れなかったことが、自分たちの首を締めてしまう。

 前半終盤からは攻守に落ち着きが出た清水が反撃。39分にはMF佐野皓平(3年)のスルーパスで抜け出したMF望月陸(3年)がGKをかわす。シュート直前で大宮SB笹原大(2年)にカバーされてしまったが、45分にもカウンターからFW中野優太(3年)が右足シュートへ持ち込むなど流れを引き寄せていた。そして後半立ち上がりにも前線で競り勝った平墳が左足シュートを放ち、中野の決定的なラストパスにMF滝裕太(2年)が飛び込む。そして5分、左サイドで前を向いた佐野皓が浅いDFラインの背後へボールを入れると、タイミングよく走り込んだ望月が1タッチでGKをかわし、そのまま左足でゴールを奪った。交代出場のMF佐野陸人(1年)や佐野皓が前向きにボールを運ぶようになった清水に対し、「DFラインは前から行けって感じで、FWは引こうという考えで全体がコンパクトになり過ぎて、1点やられて気づいたみたいな感じだった」(山田)という大宮だが、失点後はバランスを修正してまた攻撃する時間を増やしていく。
 
 そして15分、大宮は中盤でインターセプトすると、小柏の落としから山田がダイレクトでのスルーパス。「1タッチした後にGK出てきていたので、これなら抜けるなと思って抜いて決めることができた」という奥貫が鮮やかにGKをかわして右足で3点目のゴールを奪った。清水は望月や交代出場のMF齊藤聖七(1年)がDFの背後を突く形でチャンス。だが、最後のところでCB北西真之(3年)とCB土田直輝(3年)を中心に守る大宮DF陣に跳ね返されてしまう。清水の平岡監督は初出場の佐野陸らのプレーを讃えた一方、全体的に安易に蹴ったりしてボールを失っていたことを指摘。「もう少し自信を持って繋いでいければ。彼らはトップを目指して行く選手たち。もう一つ質を上げていかないといけない」。41分には左SB伊藤研太(3年)のアーリークロスの走り込んだ交代出場MF鈴木魁人(2年)がPKを獲得し、望月が右足で決めて1点差に迫った。だが、44分に望月の右クロスを合わせた滝の右足シュートが枠上へ外れ、そのまま試合終了。大宮が3-2で逃げ切った。

 勝った大宮はこれで後半戦5試合を3勝2分。青森山田高戦では試合終了2分前に追いつかれ、FC東京U-18戦も勝ちきれずに引き分けたが、ここ2試合は接戦を勝ち切って終えている。大塚監督は「練習に取り組む姿勢だったり、練習するための準備、寮での姿勢とか見ていると負けないに値するものが見えている。負けないチームにはなってきた。今度は勝ち切るチームになっていこう、という目標を持っている」と語っていたが、それを実現できてきていいる。開幕3連敗を喫したことなどから、まだ首位との勝ち点差は6あるものの、選手たちはプレミアリーグのタイトルを諦めていない。山田は「みんなの意識が変わってきた。自分はチャンピオンシップに出ることしか考えていない。日々練習から頑張る」。目指すのは残り4試合全勝でのチャンピオンシップ進出。勝利への貪欲さ、「勝ち切ろうという気持ちが強くなっている」(長谷川)という大宮が諦めずに最後まで戦い抜く。
 

最終更新:9/27(火) 23:46

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。