ここから本文です

UEFA公式サイトがマンU沈めた“伝説FK”の俊輔を紹介

ゲキサカ 9/27(火) 23:15配信

 セルティック(スコットランド)は28日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第2節でマンチェスター・シティ(イングランド)とホームで対戦する。この英国対決に先立ち、欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトでは、かつてセルティックで活躍した横浜F・マリノスの元日本代表MF中村俊輔を紹介している。

 中村は2002年のレッジーナ移籍で欧州上陸を果たし、2005年7月から活躍の場をセルティックに移した。セルティックではリーグタイトルや年間最優秀選手賞など数々の栄誉を手にしたが、最もインパクトが大きかったのは欧州CLでのマンチェスター・ユナイテッド戦だろう。

 2006-07シーズンに欧州CL初出場となった中村は、2006年9月にオールド・トラフォードで行われたグループリーグ初戦(2-3)でユナイテッドから直接FKでゴールを奪い、同大会の日本人初得点者となった。

 さらに同年11月、本拠地セルティック・パークにユナイテッドを迎えると、中村は芸術的なFKで再び得点をマーク。これが決勝点となり、セルティックは1-0の勝利でクラブ史上初のベスト16進出を果たした。

 UEFA公式サイトでは中村の動画や写真付きで当時の様子を紹介。その中の記事によると、欧州カップ戦での英国対決はこの時点でスコットランド勢が11勝、イングランド勢が9勝と前者が優位に立っていたが、スコットランド勢は中村の“伝説FK”以降、一度もイングランド勢に勝てていないようだ。同サイトでは当時を懐かしむように「中村のゴールが生まれた夜に歴史は終わった」と綴られている。

最終更新:9/28(水) 1:35

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]