ここから本文です

マクラーレンP1の子供用電動車が登場

carview! 9/27(火) 12:08配信

マクラーレン オートモーティブは、「マクラーレンP1」の電動玩具を発表した。スタイリングはP1を再現しており、ボディカラーもマクラーレンのスポーツモデルに似合うボルケーノイエローが採用されている。

【写真をもっと見る】

マクラーレン オートモーティブによれば、このP1電動玩具が実車と異なる点は2つある。ひとつは運転席がコクピット中央に位置するセンターポジションであること。もうひとつはオープントップを採用していること。

とはいうものの、マクラーレンは過去に「マクラーレンF1」でロードゴーイングカーとしては極めて珍しい、センターポジションを採用したことがある。またP1以外のモデルではオープントップモデルの設定がある車種もあり、これらの特徴はマクラーレンブランドと無関係ではない。さらにはP1の実車はハイブリッドパワートレインを採用しており、EV走行が可能な点も電動玩具と共通する。

さて、P1電動玩具の特徴は、点灯可能なヘッドライトやMP3プレーヤー、オーディオシステムなどを標準装備し、子供向けの音楽再生が可能。また速度を3段に切り替えが可能なほか、バックもできるトランスミッションを備える。

対象年齢は3歳から6歳となっているが、6歳以上の子供でも体格によっては乗車できるとのこと。

P1電動玩具は、各国のマクラーレンディーラーのほか、一部の玩具店でも販売される。価格は375ポンド(約4万9000円)に設定される。

株式会社カービュー

最終更新:9/27(火) 12:08

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。