ここから本文です

上戸彩「これで見納め」 斎藤工と濃密なラブシーンに全力投球!

デイリースポーツ 9/28(水) 5:00配信

 昨年8月に第1子となる女児を出産した女優・上戸彩(31)が、映画「昼顔」(来年初夏公開)で女優業に本格復帰することが27日、分かった。2014年に社会現象となったフジテレビ系の主演連続ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」の映画化で、実写映像作品は15年4月期のテレビ朝日系連ドラ「アイムホーム」以来。ドラマ版で共演した俳優・斎藤工(35)と、不倫を超えた純愛を映画館で展開する。

【写真】上戸彩 「昼顔」の裏話を暴露

 夫のEXILE・HIRO(47)との間に娘をもうけた上戸は、今年4月公開のディズニーアニメ映画「ズートピア」で日本語版の声優を務め、今作で実写作品に復帰する。

 今月下旬、斎藤との再会場面を撮影。「『昼顔』は私の中でも新境地を開けた作品。映画ではもうひと踏ん張りして、もう一歩新しい上戸彩を見ていただけるように、代表作として認めていただけるように頑張っていきたい」と決意表明した。

 「昼顔」は紗和(上戸)と北野(斎藤)の不倫から発展した本気の恋を描き、平均視聴率13・9%、最高視聴率16・7%を記録。流行語大賞にノミネートされるなど社会現象となった。終了後も反響が大きく、ドラマで表現できない愛の形をスクリーンで描きたいと映画化が浮上。上戸の出産もあり、3年の時を経て実現した。

 映画は3年後、出会うことが許されない紗和と北野が遠く離れた海辺の町で出会ってしまうところから動き出し、2人は世の女性がうっとりする濃密なラブシーンに臨む。製作サイドが「これで見納め」と全力投球したラストについて、上戸は「すごく胸が苦しくなって、涙が出てきちゃいました」、斎藤も「その衝撃をいまだに受け止めきれずにいます」と語った。

 製作サイドが期待する「ラブストーリーの金字塔」を、女性として多くの経験を積んだ上戸が築き上げる。

最終更新:9/29(木) 6:01

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]