ここから本文です

化粧品ECサイト「LUSH」の事例に学ぶ、カート投入率を高める商品詳細ページ作り

ネットショップ担当者フォーラム 9/28(水) 8:06配信

前回は、ECサイトの「商品詳細到達率」のKPIを改善するため「レコメンド」枠の活用方法について解説しました。今回は商品詳細ページからカート投入率を高めるための施策について、自然派化粧品・石鹸のECサイト「LUSH」の事例をもとに解説します。

表現力豊かな商品詳細ページ ─ラッシュジャパンの事例

商品詳細ページは商品をじっくりと見てもらい、その魅力を十分に伝え、ユーザーを購入へと進ませる非常に重要なページであることは言うまでもありません。まずは、魅力的な商品詳細ページを作っている「LUSH(ラッシュ)」(運営はラッシュジャパン)のサイトを紹介しましょう。

「LUSH」は自然派化粧品・石鹸のお店。実店舗へ行ったことがある人であれば思い浮かべることができると思いますが、あの石鹸の香りや店員さんのフレンドリーな接客がラッシュジャパンの魅力のひとつです。

それをWeb上で表現するのはかなり難しいと思いますが、ラッシュジャパンは様々な工夫でそれを見事に実現していると言えます。フェイス&ボディマスク「パワーマスク」の商品詳細ページを例に解説します。

■ 魅了的な要素(1) 動画

商品詳細ページでまず目を引くのが動画です。画面いっぱいに石鹸を泡立てたり、クレンジングを顔に伸ばしたりしている動画が自動で始まります。クリームの画像だけ見るより、動画があったほうが使用感のイメージが湧き、断然良いです。

■ 魅了的な要素(2) 原材料の画像

ページをスクロールすると商品の説明の次に、使われている原材料が並んでいます。メインの原材料の画像は大きく、それ以外は小さく表示されており、どの材料の要素が強いのかひと目でわかります。

単純にテキストで「セイヨウハッカ油」「ハチミツ」と書くよりも画像があった方が香りや効果のイメージが湧き、ワクワク感がさらに増します。

■ 魅了的な要素(3) 商品レビュー

9月16日現在、パワーマスクには1,800以上のレビューが付いています。評価の平均点は5点満点で4.6点。使ったことのない商品だとどうしても不安がありますが、レビューの多さと評価の高さに、ますます試してみたい気分になります。

1/2ページ

最終更新:9/28(水) 8:06

ネットショップ担当者フォーラム