ここから本文です

香取慎吾、今年も宮城米の魅力伝える“GM”就任「ないと生きていけないくらいごはんが好き」

音楽ナタリー 9/28(水) 4:00配信

昨日9月27日、東京都内にて行われた「平成28年産宮城米説明会」にSMAPの香取慎吾が出席した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

香取は昨年に引き続き、宮城県米穀周年供給需要拡大推進協議会とJAグループ宮城による「平成28年産宮城米プロモーション事業」のCMキャラクターに決定。宮城米の魅力をPRするGM(ごはんマネージャー)として、10月1日から放送されるテレビCM「あらゆる料理に篇」に出演している。

説明会に現れた香取は「GM就任2年目を迎えました香取慎吾です! 昨年から『ひとめぼれ』を食べ過ぎたせいか体も一回り大きくなりましたが(笑)、日本中の皆さんに今まで以上に宮城米を好きになってもらえたらと思い就任2年目を迎えました」とはつらつと挨拶。会場で新CMが一足早く上映されたあと、司会者に感想を尋ねられると「共演した主婦の皆さんと『ペロッとやっちゃうよ』というセリフを合わせたり、ちょっとした動きも振付師の方に振りを付けていただいたりして。静かなスタジオで「フゥ!」って言うのはなかなかの空気でした」と撮影時の裏話を打ち明け笑いを誘った。また彼は昨年のGMとしての活動を振り返り「街で会った人にも『宮城のお米食べたよ』って言っていただいて。僕はごはんがすごい好きで、ないと生きていけないくらいなので、来るべくしてGMに就任させていただいたのかなと思います」と自身の思いを語った。

このほか説明会では、香取と東京・東京マリオットホテルの島田昇治総料理長によるトークショーも繰り広げられた。香取は宮城米のおすすめの食べ方について「そのまま。ごはんだけでもいけちゃう」と回答。島田総料理長と共にごはんトークで盛り上がったあと、最後に「宮城の米づくり農家の方々が愛情を込めて丁寧に作り上げた宮城米を、より多くの人に味わってほしいと思います。本当においしくて、僕もいつも食べてます。GMの私香取慎吾が保証しますので、皆さんたくさんお召し上がりください!」と宮城米の魅力を力強くアピールした。

最終更新:9/28(水) 4:00

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]