ここから本文です

春秋航空日本、17年に6機体制 1月に4号機

Aviation Wire 9/28(水) 14:27配信

 春秋航空日本(スプリングジャパン、SJO/IJ)のワン・ウェイ会長は9月28日、ボーイング737-800型機を2017年に倍増させ、6機体制にするとAviation Wireに語った。

 春秋航空日本は2014年8月に運航開始。就航当初から3機の737-800で運航している。9月28日に成田-関西線を1日1往復で開設したことで、国内線は成田-広島線(1日2往復)、佐賀線(1日最大2往復)、札幌線(1日1往復)の4路線、国際線は2路線で成田-武漢線(週3往復)、重慶線(週4往復)を運航している。

 路線網が拡大したことで、同社は機材を増機。ワン会長は「1月に4号機を導入する」と語り、2017年内に6機体制を構築する意向を示した。

 関西空港には、春秋航空日本の親会社である春秋航空(CQH/9C)も就航。両社は第1ターミナルに乗り入れているが、春秋航空は2017年3月までに開業予定の第3ターミナルへ移る。

 第3ターミナルへの移転の可能性について、ワン会長は「空港と調整している」と述べるに留めた。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:9/28(水) 16:36

Aviation Wire

なぜ今? 首相主導の働き方改革