ここから本文です

<ジョジョの奇妙な冒険>第4部「ダイヤモンドは砕けない」を三池崇史監督で実写映画化 主演は山崎賢人

まんたんウェブ 9/28(水) 13:34配信

 荒木飛呂彦さんの人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」が実写映画化されることが28日、明らかになった。タイトルは「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第一章」で、東宝とワーナーブラザースジャパンによる初の共同製作・配給作品として、2017年夏に全国で公開される。主人公・東方仗助役は俳優の山崎賢人さんが演じ、三池崇史監督がメガホンをとる。

【写真特集】ジョジョまさかの実写化ァァァァッ! 気になる配役は…

 28日に東京都内で会見が開かれ、仗助の友人・広瀬康一役の神木隆之介さん、同級生の山岸由花子役の小松菜奈さん、仗助と対立する虹村形兆役の岡田将生さん、形兆の弟・虹村億泰役の真剣佑さん、逃亡中の連続殺人犯・片桐安十郎役の山田孝之さん、仗助の年上の甥・空条承太郎役の伊勢谷友介さんらも出席した。また、仗助の母・東方朋子役で観月ありささん、仗助の祖父・東方良平役で國村隼さんが出演することも明らかになった。

 山崎さんは「よろしくお願いします!」と力強くあいさつ。撮影は今後スペインで行われるというが、「とにかく頑張るしかないなと思っているんですけど、本当にこの豪華なキャストの方と、三池監督と、これからスペインで、これが映像になっていくというのが、本当に今はワクワクしています。不安がたくさんある分、その分、楽しみで仕方ないです」と期待し、「まず、体格のいい東方仗助に近づけるべく、筋トレをしています。そして、髪形をけなされるとものすごく切れてしまうので、そういう部分だったり、特徴的なしゃべり方だったり、そういうのをどう見せられるか考えてやっています」と明かした。

 神木さんは「緊張しますね。プレッシャーも大きいですし、ひたすら頑張るしかない。どういうふうに康一を見せていくか、慎重に(役を)作りたい。とにかく頑張ります」と抱負を語った。小松さんは「個性的なキャラクターを演じる楽しみもありつつ、超人気マンガということで緊張もあるんですけど、その緊張感をいい緊張感に変えて全力で取り組めるように頑張りたい。(役柄に合わせて)髪を伸ばしてます」と明かした。

1/2ページ

最終更新:9/28(水) 18:20

まんたんウェブ