ここから本文です

IMJ、フライシュマン・ヒラード・ジャパンとBtoB向けデジタルマーケティングプログラムを開発

MarkeZine 9/28(水) 10:00配信

 アイ・エム・ジェイ(以下、IMJ)は、戦略コミュニケーションサービスを提供するフライシュマン・ヒラード・ジャパン(以下、FHJ)と共同で、BtoB向けデジタルマーケティングプログラムの提供を行う。

 「BtoB向けデジタルマーケティングプログラム」は、IMJのデジタルマーケティング領域における「アナリティクス」「クリエイティブ」「テクノロジー」を中心に、顧客体験設計やマーケティングプラットフォーム構築・運用などを支援する「マーケティングアプローチ」と、FHJの“ブランドジャーナリズム”をはじめとした「コンテンツアプローチ」を統合したもの。

 同プログラムにより、企業は顧客とのコミュニケーションを加速させるためのコンテンツマーケティング戦略の策定が行えるよう情報基盤を実装し、継続的なデジタルマーケティングの実現が可能になる。

 今後IMJは、このプログラムに加え、マーケティングオートメーションツール「Salesforce Pardot」を中心に、企業のマーケティング活動のデジタルトランスフォーメーションを、より包括的に支援する。

最終更新:9/28(水) 10:00

MarkeZine

なぜ今? 首相主導の働き方改革