ここから本文です

広島・中崎「右傍脊柱筋」の炎症 CSの抑え・今村を検討

東スポWeb 9/28(水) 8:14配信

 広島は27日、右腰の違和感で出場選手登録を抹消された守護神の中崎翔太投手(24)が広島市内の病院で検査を受け「右傍脊柱(ぼうせきちゅう)筋の炎症」と診断されたと発表した。松原チーフトレーナーは「筋肉が切れたりしているわけではない。クライマックスシリーズ(CS)まで時間があるので十分備えようということ」と軽症を強調。別メニューでのトレーニングや治療を行った中崎は「(焦りは)多少はあるが、そんなにひどい状態ではない。CSへしっかり準備したい」とこちらも暗い表情は見せなかった。

 しかし、仮にCSに間に合ってもぶっつけ本番となる可能性は高い。畝投手コーチは「最後の登板が14日(阪神戦・甲子園)。1か月近く空けるのは…」と思案顔。万が一の場合は「9回は今村ということも考える。抑えの経験もあるので」と“プランB”を用意していることも明かした。

 中崎が違和感を訴えたのは23日のこと。翌24日のヤクルト戦では8回をジャクソン、9回は今村の継投で無失点にしのいだ。今村は2011年にサファテ(現ソフトバンク)が離脱した際に臨時守護神を務め、同年10月8日のヤクルト戦でプロ初セーブを上げている。

 今村は「やることは変わらない。任されたイニングを0で抑えるまで」と涼しい表情。首脳陣の不安が杞憂に終わればいいのだが…。

最終更新:9/28(水) 8:20

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。