ここから本文です

中国人が恐れる日本の中国語看板 驚きの誤訳…上野に出現した「静ちゃん」騒動

withnews 9/30(金) 7:00配信

 来日する外国人観光者数が増え続けるなか、中国語訳もある看板が多くなりました。ただ、翻訳の質はバラバラで、変な翻訳は「神翻訳」としてSNSで話題になることも。中国語版ツイッターの微博では、上野動物園の「静ちゃん看板」が話題になりました。

【画像】本当にあった怖い誤訳 うどんのメニュー、自治体のゆるキャラが…

「静ちゃん、見てください」

 上野動物園パンダ館前にある看板。日本語で「お静かにご覧ください」というメッセージが書かれています。英語訳は「Quiet Please」ですが、中国語訳は「静静請看」になっています。その意味は……「静ちゃん、見てください」という訳になってしまいます。

 中国でも有名なドラえもんを思い起こさせる、この絶妙な誤訳が、ネット上で多くの反響を呼びました。中には「静ちゃんは見たくないと言ったらどうしよう」など誤訳に乗っかる投稿も…

「神翻訳」ネットで通報

 「神翻訳」は「静ちゃん看板」だけではありません。ネット上では清掃中を知らせる看板やレストランのメニュー、ホテルの貼り紙から、お台場の海辺、北海道の観光地まで各地の名作が報告されています。

(1)「和牛カルビ」→「日本牛蚊子注音仮名」→「和牛、蚊、ルビ」
(2)「豚ホルモン」→「猪的荷爾蒙」→「豚の内分泌物質」
(3)「乗り場は、向こう側です」→「単程不能再来」→「一方通行で戻ってはいけない」
(4)「新しい店員(クルー)を募集中」→「新的船員大学招募」→「新しい船乗りを募集」
(5)「この部屋を掃除しました」→「我是打掃房間」→「私は部屋掃除です」

日本で一番恐ろしいもの?

 SNSでは「神翻訳」をネタにした投稿も相次いでいます。「日本語の漢字を見たほうが分かりやすい。訳されると、逆に訳が分からない」「来日7年目、一番恐ろしいのは、日本人が翻訳した中国語の看板」

上野動物園、「看板はすぐに直したい」

 誤訳の原因の一つにネット上で無料で使える自動翻訳があります。 以前よりも格段に進化している機械翻訳ですが、単語レベルの翻訳だと使われやすい訳が出てしまうなど、まだまだ、注意が必要です。

 2020年に東京オリンピックを控えている日本にとって、正しい外国語表記も今後取り組む一つの課題になりそうです。 ちなみに、上野動物園は「看板はすぐに直したい」としています。

最終更新:9/30(金) 7:00

withnews