ここから本文です

MOTEX、スマートデバイス管理ツール「LanScope An」の最新版

BCN 9/28(水) 15:06配信

 エムオーテックス(MOTEX、河之口達也社長)は、スマートデバイスの資産管理・セキュリティ対策・行動管理・活用分析を行うスマートデバイス管理ツール「LanScope An」の最新バージョン(Ver.2.6)を9月27日にリリースした。

 LanScope Anは、直近の1年で1000社を超える企業への導入実績をもつスマートデバイス管理ツール。スマホ・タブレットの利便性確保とセキュリティ対策の両立を実現し、スマートデバイスの導入効果を最大化することができる。今回の最新バージョンでは、iOS端末に対してより強固な紛失対策を実現した。iOS 9.3から追加された新機能「紛失モード」では、端末の位置情報サービスがオフの場合でも、管理コンソールから強制的に位置情報を取得することができる。最新バージョンではこの機能に対応し、定期間隔の位置情報取得を待たずに紛失時に最新情報を取得することで、セキュリティの維持と迅速な復旧を可能にする。

 また、これまでのユーザーベース方式に加えて、「デバイスベース方式」にも対応。管理対象のiOSデバイスにApple IDが設定されていなくても、LanScope Anからアプリを配信することが可能になる。さらに、App Storeを禁止していても配信できるため、会社で許可したアプリのみを利用させることができる、としている。

最終更新:9/28(水) 15:06

BCN