ここから本文です

ハロウィンは多摩川で『ゴーストバスターズ』!仮装OKの「ねぶくろシネマ」第6弾

cinemacafe.net 9/28(水) 12:30配信

「映画×アウトドア×ファミリー」をコンセプトに好評を得ている「ねぶくろシネマ」の第6弾が、10月8日(土)に開催されることが決定。今回は「ねぶくろシネマHalloween」と題し、この夏の大ヒット作品の元祖、1984年版『ゴーストバスターズ』を上映することになった。

【写真】『ゴーストバスターズ』メイン写真

「ねぶくろシネマ」とは、2015年12月に調布に住む父親たちが、小さなこどもたちと一緒でも気楽に映画が観れるようにと、多摩川河川敷の橋脚をスクリーンにした“一夜限りの映画館”が始まり。前回8月には、海に隣接した葛西臨海公園にて、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮の海賊の宝を巡る冒険ストーリー『グーニーズ』が上映された。

ハロウィンを前にした今回は、半年ぶりに調布市の多摩川河川敷で開催。ニューヨークを舞台に、ちょっぴり頼りない科学者たちが幽霊退治に奮闘するSFコメディ『ゴーストバスターズ』を無料上映する。

ねぶくろの持参は必須ではないそうだが、敷物やアウトドアチェアなど野外鑑賞の準備をして、ハロウィンの仮装をしながら雰囲気たっぷりの“ゴースト退治”に出かけてみては?

「ねぶくろシネマHalloween」は10月8日(土)15時~(上映開始18時~)、調布市多摩川河川敷にて開催。

※雨天中止。京王多摩川~京王稲田堤に架かる京王線鉄橋の足下の調布市側にて。
※持ち物:ねぶくろ、敷物、アウトドアチェア、懐中電灯など

最終更新:9/28(水) 12:30

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]