ここから本文です

大和田伸也、44年ぶりソロ歌唱 「意外とイケる」と自画自賛

デイリースポーツ 9/28(水) 5:59配信

 俳優の大和田伸也(68)が27日、ソロ曲としては1972年の「友よ」以来44年ぶりとなる新曲「摩天楼ララバイ」の発表記念イベントを都内で行った。

 パーティーで同席した作曲家の伴謙介氏から「低音ボイスが魅力的」と楽曲製作をオファーされ快諾したもので、同曲を披露して「意外とイケるかな」と自己採点。弟で俳優の大和田獏(65)とどちらが歌がうまいか聞かれ「僕です」と胸を張った。

 カップリング曲にはデュエットの失恋ソングや伴侶へのラブソングもあり、妻で女優の五大路子(64)に話が及ぶと「妻には3曲目を聴いてもらいます」と笑わせた。

最終更新:9/28(水) 6:50

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]