ここから本文です

露崎春女&鳥山雄司によるアコースティックツアー開催

CDジャーナル 9/28(水) 17:26配信

 昨年発表されたデビュー20周年アルバム『ONE VOICE』のシリーズ第2弾として、“一人多重録音”で自身の代表曲や影響を受けた楽曲をア・カペラでカヴァーした『ONE VOICE 2』を7月にリリースした露崎春女。ギタリスト / 音楽プロデューサーとして松田聖子やCHARAらを手がけ、レコーディングやライヴなどさまざまな場面で露崎と共演してきた鳥山雄司とタッグを組み、10月よりアコースティックツアー〈-The 7 Notes- 2016〉を開催することが決定しました。

 “1つの声と6本の弦=7つの音”で奏でる繊細かつエキサイティングなサウンドを“The 7 Notes”という言葉で表わした今回のツアーは、10月8日(土)の福岡 LIV LABO公演を皮切りに、10月13日(木)に宮城・仙台 STAR DUST、11月1日(火)に広島 LIVE JUKE、11月3日(木・祝)に大阪 Guittone、11月11日(金)に愛知・名古屋 PARADISE CAFE 21、そして11月25日(金)に東京・渋谷 JZ Brat(2ステージ入れ替え制)と全国6ヵ所で開催。各公演のチケットに関しては、露崎春女オフィシャル・サイト(www.harumitsuyuzaki.com)にてご確認ください。

 なお、YouTubeにて『ONE VOICE 2』より「Forever In Your Heart~あなたがいたから~」のMV(youtu.be/nlWZeE1TBbQ)を公開中。97年に発表された自身の代表曲のセルフカヴァーで、歌の魅力を最大限に伝えるためにMVは歌唱シーンのみで構成。メインヴォーカルに重なるコーラスなど、一人多重録音をリアルに感じられる仕上がりとなっています。

最終更新:9/28(水) 17:38

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]