ここから本文です

海老蔵の主演時代劇、麻央も笑顔「ゲラゲラ」 乳がん転移告白後初の公の場

デイリースポーツ 9/28(水) 6:01配信

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が27日、都内で行われたテレビ東京系の主演時代劇「石川五右衛門」(10月14日スタート、金曜、後8・00)の取材会に出席し、乳がんで闘病中の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(34)が20日にブログで肺や骨への転移を明かしてから初めて公の場に姿を見せた。

【写真】海老蔵ファミリー 家族4人で笑顔の記念写真

 プライベートに関する質問は不可だったが、海老蔵は自ら「時代劇なのに笑っちゃう作品。1話で2時間ぐらいある。妻の麻央もずっとそれを見て、ゲラゲラ笑っておりました」と話した。

 麻央が笑った内容を聞かれた海老蔵は「プライベートな質問はやめてください」とニヤリ。「いくら何でもこんな風にならないだろう、みたいな結末とかドン引きするぐらいの雰囲気がある。そういう部分で妻が笑っていたんではないでしょうか」と説明した。

最終更新:9/28(水) 6:54

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]