ここから本文です

TOKONA-X追悼イベント〈TOKAI X BULLSHIT〉が渋谷HARLEMで開催

CDジャーナル 9/28(水) 17:26配信

 ILLMARIACHIやM.O.S.A.D.としての活動のほか、ソロとしても『トウカイ×テイオー』をリリースするも、2004年に26歳という若さで急逝したTOKONA-X。彼の遺伝子を継承するために地元・名古屋で毎年続けられてきた〈TOKAI X BULLSHIT〉が11月23日(木・祝)に東京・渋谷 HARLEMにて開催されます。

 DJ RYOWが3月に発売したアルバム『216』のツアー・ファイナルも兼ね、〈DJ RYOW “216” TOUR FINAL & TOKAI X BULLSHIT 2016〉としてHIPHOPの聖地へと上陸するこのイベント。7月にDef Jam Recordingsからシングル「With You~10年、20年経っても~ / KINGPIN」をリリースしたAK-69や『216』収録曲「OUTRO」にてTOKONA-Xとバースを分け合い、その際に過去にあった“事件”の真相についてに綴った記事(www.tbhr.co.jp/jp/monthlyreport/back/1602)も話題となったILL-BOSSTINOのほか、MIHIRO~マイロ~、R-指定、餓鬼レンジャー、般若ら、約50名にもおよぶ豪華なアーティストが出演します。

 渋谷HARLEMは自身にとって“HIPHOPの聖地”だと言うDJ RYOWは「一生に残るイベントにしたいですね。この日は二度とないので」と今回のイベントへの思いを語っているほか、「今年はトコナメ(TOKONA-X)さんやケイシも13回忌だし、2人にもあれから12年経った今の俺の姿も見てもらいたいです」とコメント。イベントに関する詳細は、DREAM TEAM MUSIC公式サイト(www.dreamteammusic.jp)にてご確認ください。

最終更新:9/28(水) 17:38

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]