ここから本文です

ビッグアーサー藤岡師「絶対的なスピードがある」/スプリンターズS共同会見

netkeiba.com 9/28(水) 20:03配信

■ビッグアーサーを管理する藤岡健一調教師

――まずは前走・セントウルSを振り返ってください。
藤岡「1番枠ということで、他に行く馬がいないようなら(逃げる)、というつもりではいましたが、私自身は“逃げる”という作戦はあまり考えていませんでしたね。ジョッキーが上手に乗ってくれました。強い内容でしたから、それでよかったのではないでしょうか」

――休み明けでしたが、そのあたりは?
藤岡「結果にこだわりはありましたが、内容がよければ次につながると思ってはいました」

――内容的にはいかがでしたか?
藤岡「勝ち切ったのがよかったです。それから、レースに幅が出ましたね。本来は好位から差す競馬が向いていると思いますが、いろいろな競馬ができると思えたレースでした」

――レース後の調整はいかがですか?
藤岡「いつも2週前と1週前に結構速い時計を出して、当週は上がり重点でやっています。今回は中2週で輸送もありますので、馬の様子をみながら調整してきました」

――今朝の追い切りはいかがでしたか?
藤岡「先週は上がり重点でいい調教ができたので、今朝は先週と同じような感じで、という指示を出しました。本来はもっと速い時計が出る馬ですが、追い切った時間帯が遅かったことと馬場が重かったこともあり、少し時計がかかるかな、ということで前半は我慢するように言いました。いい動きでしたね。思った以上に負荷はかけられたと思います。時計的には終いがもう少し速ければ、とも思いますが馬場状態を考えるとこれで十分かなと思います。レース間隔が詰まっている分、若干テンションが高いですね」

――先生からみて、この馬のセールスポイントは?
藤岡「絶対的なスピードがあるところです。1200mを走るのに必要な筋肉や体型などのすべてを兼ね備えた馬ではないでしょうか」

――中山への輸送はいかがですか?
藤岡「以前は結構輸送に問題があった馬ですが、今はスタッフも把握できていますから。輸送に関しては全く心配していません」

――道悪については、いかがですか?
藤岡「去年の高松宮記念当日に勝っています(岡崎特別)が、そのときは非常に馬場が悪かったのですが、それでもすごいパフォーマンスを見せてくれました。馬場は晴れても渋っても全く問題ないと思います」

――相手関係についてはいかがですか?
藤岡「セントウルSの時とは違って行く馬が結構いるので時計は速くなるでしょう。前半、好位につけられれば外を回っても大丈夫でしょうし、終いも切れる脚がありますから。どういう競馬になっても心配していません」

――最後にひとこと。
藤岡「春秋スプリント王としてこの馬の価値を高められるように一生懸命頑張ってきました。あとは皆さんで応援していただき、スプリント王者の貫禄勝ちというものを見せられるように頑張ります。応援してやって下さい」

(取材・文:花岡貴子)

最終更新:9/28(水) 20:03

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]