ここから本文です

【WEC】さらに活気づくGTカー戦線…BMWが18年から参戦

レスポンス 9/28(水) 9:49配信

世界耐久選手権(WEC)のGTカー戦線、LMGTE-ProクラスとLMGTE-Amクラスが今後一層、活気づくことになりそうだ。27日、BMWが2018年シーズンからのLMGTEカテゴリー参戦を発表した。

[関連写真]

いわゆるスポーツプロトタイプカテゴリー、LMP1~2クラスが最前線であり、なかでもその最高峰「LMP1-H」クラスで競うトヨタ、アウディ、ポルシェがスポットライトを浴びることが必然的に多いWECだが、実はGTカーの戦いも熾烈で面白いものとなっている。

今季はフェラーリ、アストンマーティン、ポルシェに新参のフォードも加わって、「World Endurance Cup For GT Manufacturers」をかけたLMP1-H同様の熱いワークス級(といっていい)バトルを展開中。シボレーのマシンも戦列にあるなど、車種バラエティの豊富さもLMGTEカテゴリーの大きな魅力となっている。

そこに18年からBMWも加わることになった。使用車種等の詳細計画内容は追っての発表だが、WECの拡大拡張路線に同調を示しての参戦表明であり、現在の参戦ブランドが18年時点でも健在なら、5~6社による争いが展開されることになる。

市販車との距離が近いGTカーのレースフィールドは、ある意味ではF1やLMP1以上に販売に直結する面があるだけに、ここにメーカーの視線が集中する時期というのは定期的に巡ってくるもの。2010年代後期の耐久レースシーン(ルマンを含むWEC)は、プロトとGTカーのダブル主役的展開となる可能性も多いにありそうだ。

《レスポンス 遠藤俊幸》

最終更新:9/28(水) 9:49

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]