ここから本文です

【フィリピン】現代自が小型車現地生産へ、政府優遇を申請

NNA 9/28(水) 8:30配信

 韓国の現代自動車が、フィリピンで小型車「イオン」の現地生産を計画しているもようだ。関係者によると、現代自の現地販売代理店である現代アジア・リソーシズ(HARI)が先週、貿易産業省傘下の投資委員会(BOI)へ、自動車製造やノックダウン(CKD)生産を支援する優遇策「新自動車開発計画(MVDP)」を申請した。27日付マニラブレティンなどが伝えた。
 関係者によれば、HARIのオーナーであるリチャード・リー氏が所有するスター・モーター・マニュファクチャリング・インダストリーズが、ラグナ州サンタロサで操業する工場でイオンを生産する計画。HARIは、イオンを東南アジア諸国連合(ASEAN)の他国へも輸出する考えだ。
 スター・モーターは現在、サンタロサの工場で日産自動車のスポーツタイプ多目的車(SUV)「パトロール」のCKD組み立てを受託している。
 
 ■CARSプログラム、3社目か
 
 同関係者は、HARIは6年間で20万台の現地生産が条件となる優遇策「包括的自動車産業振興戦略(CARS)」プログラムへの参加も視野に入れていると指摘した。
 ロペス貿易産業相は先に、既にトヨタ自動車、三菱自動車の現地法人の参加を承認しているCARSプログラムについて、「3社目が決まりそうだ」とコメント。企業名は明らかにしていなかった。
 HARIの今年上半期(1~6月)の販売台数は53%増の1万6,362台。イオンと「アクセント」の2車種から成る小型車は55%増の1万500台と、全体の6割超を占めた。

最終更新:9/28(水) 8:30

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。