ここから本文です

“Xbox FanFest: Sydney 2016”開幕! オーストラリア初訪問のフィル・スペンサーが『Forza Horizon 3』のローンチを祝う

ファミ通.com 9/28(水) 12:02配信

文・取材・撮影:編集部 古屋陽一

●ドリフト体験で、『Forza Horizon 3』の世界観を堪能したり……
 2016年9月27日~29日(現地時間)、オーストラリア・シドニーにて、マイクロソフト主催による“Xbox FanFest: Sydney 2016”が開催中だ。

 「“Xbox FanFest”とは何か?」というところから説明すると、“ファンフェスタ”の名の通り、マイクロソフトが熱心なXbox Oneユーザーを招いて行う、ファン向けのイベント。今年で2年めの取り組みとなり、今年は、E3 2016とgamescom 2016に合わせて“Xbox FanFest”を開催した。E3 2016では“Xbox E3 2016 Briefing”に500名のユーザーを招待したり、gamescom 2016では会期前日にいち早くXboxブースをお披露目したり……と、まさにユーザーファーストのイベントとなっている。

 6月にアメリカ・ロサンゼルス、8月にドイツ・ケルンと来て、つぎなる“Xbox FanFest”の地として選ばれたのが、オーストラリア・シドニー。しかも、3日間に渡って開催されるという、相当スケールの大きな内容となっているのだ。Xbox ヘッドのフィル・スペンサーが訪れるというところを見ても、いかに気合いが入っているかが、うかがえるというものだ。

 9月27日というと、ちょうど海外では『Forza Horizon 3』の発売日(国内での発売日は9月29日)にあたる。ご存じの通り、同作の舞台はオーストラリアとなっており、“Xbox FanFest”がこの時期にシドニーで開かれたのも、『Forza Horizon 3』のローンチイベントを兼ねて……との思いが強いようだ。ちなみに3日間の開催内容は以下の通りとなる。

9月27日 『Forza Horizon 3』ローンチイベント
9月28日 『Gears of War 4』秘密のアクティビティ
9月29日 EB Games EXPO Xboxブースへのアーリーアクセス権

 EB Gamesなんていうと、記者なんぞは相当なつかしくなってしまうが、10年くらいまではアメリカのそこかしこに店舗があった、ゲームの一大チェーン店(EBは“Electronics Boutique”の略)。それがここ数年はGameStopに押されて、すっかりEB Gamesを見ることはなくなってしまったのだが(ことにアメリカにおいては)、オーストラリアの地では健在だった模様。EB Games Expoとは、9月30日~10月2日に行われる、EB Games主催によるゲームイベントだ。アーリーアクセス権は、開催前夜にXboxブースに入って心ゆくまでゲームを遊べるという、うれしい権利というわけだ。

 さて、“Xbox FanFest: Sydney 2016”にはどうすれば参加できるかというと、方法はいたってシンプル。当日10時30分以降に、シドニーの目抜き通りにあるマイクロソフトソフトストアに来店すると、先着250名にチケットが与えられることになる。記者がえっちらと訪れると、受付はすでにけっこうな盛況ぶり。聞けば、前夜の深夜から“Xbox FanFest”のチケットを求めるファンがたくさん並んでいたというからすごい。

 “ファンフェスト”だけに、取材陣も“ファン”といっしょということで、記者もしっかりと参加者として登録。店の外で待機していると、マイクロソフトストアから少し離れた場所に駐車している大型バスまで案内されることに。そこから、『Forza Horizon 3』ローンチイベントが行われるサーキット場のSydney Dragwayまで、バスで1時間かけて移動するという。250人が何台かのバスに乗って移動するさまは、まさに“Xboxの遠足”といった趣きだ。

 というわけで、1時間ほどバスに揺られてSydney Dragwayに。発売されたばかりのゲームの試遊などが楽しめた『Forza Horizon 3』ローンチイベントだが、目玉は何といっても、エキスパートが運転するクルマの助手席に同乗してのドリフト体験だ。“『Forza Horizon 3』の世界観をリアルに味わってもらおう”との趣旨で企画されたアクティビティと思われるこのドリフト体験だが、もちろんのこと、ファンには大人気!



 で、しばしドリフト走行を見ていると、エキゾーストノートはすごいわ、タイヤの軋る音はけたたましいわ、煙はもうもうと湧き上がるわ……の大迫力。2台のクルマで並走して、ぎりぎりの距離でドリフトを決めるのを目の前にすると、「ぶつからないかなあ」と心配になったりもするが、そこは運転手は手練れの皆さんのこと。息もぴったりという感じで華麗なドリフトで魅せてくれるのでした。

 ゲームの世界では華麗なドリフトを決める記者だが、(もちろん)実生活ではドリフト経験ゼロ。まあ、せっかくの機会だから……ということで、喜び勇んでドリフト体験に参加。端から見ていると、「さぞや横Gがかかるんだろうなあ」と思われたが、実際に体験してみると、想像以上のGで、そして何とも言えない楽しさ! 『Forza Horizon 3』でドリフトを決めるたびに、実際に体験したときの感覚を思い出しそう。

 で、せっかくだから……ということで、記者が撮影した動画をお届けします。あまりのクオリティーなのは、慣れない動画撮影ゆえということでご容赦を。とくに、ドリフト体験中の車内での撮影は、ほとんど何もまともに撮れておりませんが、せめて臨場感を感じ取っていただければ……ということで、恥をしのんで掲載させていただきます。ことほどさように大迫力だったわけです。

 『Forza Horizon 3』ローンチイベントのトリを飾ったのは、“GT Auto Garage R32GTR”と“Tekno Performance Supercharged HSV GTS”によるドラッグレースのスペシャルマッチ。まずは、姿を見せたフィル・スペンサー氏は「ファンが一同に会してゲームを楽しみ、Xboxを祝福するのが“Xbox FanFest”ですが、今回はとても特別なイベントだと思います」とコメントし、シドニーで開催される“Xbox FanFest”にとても感慨深げ。さらに、オーストラリアのXboxコミュニティーへのメッセージを求められると、「オーストラリアのゲームファンには長いあいだXboxをサポートしていただいています。オーストラリアは、私たちにとって、とても重要なマーケットです。今回初めてオーストラリアを訪れましたが、到着以降、ずっと歓迎していただいています。これから週末までがとても楽しみです」と、オーストラリアファンにラブコールを送った。ちなみに、スペシャルマッチは、2対1で、GTRの勝利に終わっております。

 夜もすっかり更けて、肌寒くなってきたところで(そう、オーストラリアはいま春先なのです)、“Xbox FanFest: Sydney 2016”は終了。それにしても、“Xbox FanFest”は、ぜひとも日本でも開催してほしいなあ……と思いつつ、記者も1時間かけての帰路についたのでした。なお、イベントの模様はXbox オーストラリアのFacebookに動画がアップされているので、気になる方はご覧になってみてはいかが?

最終更新:9/28(水) 19:54

ファミ通.com